logo
iLiswave
home language
markメニュー
mark 総合案内
mark コンテンツ一覧
  
mark バックナンバー
  
mark 関連情報
mark利用者サービス
     ブックマーク
     検索履歴
     レビュー履歴


JAIRO/学術機関リポジトリポータル
CiNii/NII論文情報ナビゲータ
中部大学附属三浦記念図書館
中部大学
mark書誌詳細 print back bookmark history help
mark 論文情報  <XC00000016> Detail Navigation Guide

sltfunc
 構造方程式モデリング手法を用いた気管支喘息をもつ子どものQOL概念モデルの検討
  石黒, 彩子; 浅野, みどり; 杉浦, 太一; 三浦, 清世美; 山田, 知子; 石井, 真; 城, 憲秀, 2010.04. w.  <XC00000016>
この書誌へのURL: COPY URL
Write Review
mark mark
mark 詳細  
書誌
タイトル
構造方程式モデリング手法を用いた気管支喘息をもつ子どものQOL概念モデルの検討
タイトル(その他)
コウゾウ ホウテイシキ モデリング シュホウ オ モチイタ キカンシ ゼンソク オ モツ コドモ ノ QOL ガイネン モデル ノ ケントウ
タイトル(その他)
The Construction of a QOL Model in School-aged Children with Asthma Using Structural Equation Model
作成者
石黒, 彩子||イシグロ, アヤコ||Ishiguro, Ayako
作成者
浅野, みどり||アサノ, ミドリ||Asano, Midori
作成者
杉浦, 太一||スギウラ, タイチ||Sugiura, Taichi
作成者
三浦, 清世美||ミウラ, キヨミ||Miura, Kiyomi
作成者
山田, 知子||ヤマダトモコ||Yamada, Tomoko
作成者
石井, 真||イシイ, マコト||Ishii, Makoto
作成者
城, 憲秀||タチ, ノリヒデ||Tachi, Norihide
ISSN
00191604
雑誌名
医学と生物学
巻次等
154
4
開始終了ページ
218-226
発行日
2010.04
主題
気管支喘息 (bronchial asthma)、子ども (children)、学童 (school-aged children)、QOL (Quality of Life (QOL))、構造方程式モデリング (Structural Equation Modeling (SEM))
内容記述
気管支喘息は突然の発作や日常の自己管理の負担などから、子どもの QOL を脅かす代表的な慢性疾患のひとつである。本研究の目的は、JSCA-QOL Ver.3 調査票(Japanese school-aged children with asthma QOL Questionnaire)を用いた QOL 調査結果をもとに、構造方程式モデリング手法によって喘息をもつ学童期/思春期の子どものQOL 概念モデルを構築することである。10~18 歳の全国で通院治療中の気管支喘息の子どもを対象とし、2,425 部の回答があり(回収率 45.7%)、最終有効回答数は 2,097部(男児 1,322 名,女児 766 名、不明 9 名)であった。Cronbach's α は、発作誘発、日常生活の変化、家族のサポート、生活の充実感、活動への参加制限の 5 領域で 0.70~0.86 と十分な値であり、高い内的一貫性を示していた。test-retest による再現性は良好であった(Spearman's ρ=0.6, P < 0.01)。因子分析においては想定通りの 5 因子を抽出しており(KMO 値= 0.90)、因子的妥当性を認めた。QOL 概念モデルを構築した結果、喘息をもつ子どもの QOL には、「活動への参加制限」と「家族のサポート」の 2 因子が直接的影響を及ぼしていた。喘息の子どものQOL の維持向上には学校生活や遊びなど、「活動参加」を保証することの重要性が示唆された。また、QOL は「生活の充実感」につながることが推察された。
内容記述
Asthma is a chronic disease prevalent in children that threatens their quality of life (QOL) through unexpected asthma attack and/or the burden of daily self-management. The purpose of this study was to construct a QOL concept for school-aged children with asthma using structural equation model, based on the JSCA-QOL (QOL questionnaire for Japanese School-aged Children with Asthma 3rd Version).2,425 asthmatic children aged from 10 to 18, who were regularly attending outpatient clinics or hospitals, were requested by physicians Japan-wide to participate in the present study. The final number of effective replies was 2,097 (1,322 male, 766 female, 9 unknown). The domains of asthma attack triggers; change in daily life; family support; satisfaction with daily life; and restriction on participating in daily activities showed a high internal consistency (Cronbach's α=0.70-0.86) as well as good test-retest reliability (Spearman's rho=0.60, P < 0.01). The Structural Equation Model indicated that the QOL of children with asthma was directly influenced by two structural components, (i) restriction on participating in daily activities and (ii) family support. The importance of guaranteeing activity participation in school life, play, etc. for children with asthma was strongly suggested. Moreover, this model indicated that their satisfaction with daily life is leading to their QOL.
登録日
2013.02.28
資料種別(NIIタイプ)
Journal Article
フォーマット
PDFファイル
著者版フラグ
author
外部リンク
360LinkはSerials Solutionsのリンクリゾルバーサービスです。 CiNiiは国立情報学研究所が行っている学術論文の検索サービスです。 CiNiiは国立情報学研究所が行っている大学図書館の検索サービスです。 NDL Search
レビュー
Navigation Guide


mark
ブックマーク(BM)機能
追加ボタンを押すとブックマークを追加します
add bookmark  
Navigation Guide
mark
マイフォルダ機能
書誌情報をマイフォルダへ登録できます。
登録ボタンを押すと現在表示している書誌をマイフォルダへ登録します。
add  
Navigation Guide
mark
ファイルに保存
現在、表示している情報をファイルに保存します。
ファイルのエンコードを選択し、保存ボタンを押してください。
エンコード :

download  
Navigation Guide

Copyright (C) 中部大学附属三浦記念図書館 2013 All Right Reserved.