logo
iLiswave
home language
markメニュー
mark 総合案内
mark コンテンツ一覧
  
mark バックナンバー
  
mark 関連情報
mark利用者サービス
     ブックマーク
     検索履歴
     レビュー履歴


JAIRO/学術機関リポジトリポータル
CiNii/NII論文情報ナビゲータ
中部大学附属三浦記念図書館
中部大学
mark書誌詳細 print back bookmark history help
mark 論文情報  <XC11000019> Detail Navigation Guide

sltfunc
 日本画における青色をめぐる心象の遠像・近像表現
  下川, 辰彦; 原田, 千夏子, 2011.03. -- (現代教育学部紀要 ; Vol. 3 (2011.3)). w.  <XC11000019>
この書誌へのURL: COPY URL
Write Review
mark
mark 詳細  
書誌
タイトル
日本画における青色をめぐる心象の遠像・近像表現
タイトル(その他)
ニホンガ ニ オケル アオイロ オ メグル シンショウ ノ エンゾウ キンゾウ ヒョウゲン
タイトル(その他)
Expressions of the Figure at Distant View and Close One as the Symbolism of Ideas regarding the Color Blue in Japanese Paintings
作成者
下川, 辰彦||シモカワ, タツヒコ||Shimokawa, Tatsuhiko
作成者
原田, 千夏子||ハラダ, チカコ||Harada, Chikako
公開者
中部大学現代教育学部
書誌構造リンク
ISSN
18833802
雑誌名
現代教育学部紀要
巻次等
3
開始終了ページ
11-29
発行日
2011.03
主題
日本画の顔料(群青、緑青)、色の階調、心象の遠像・近像
主題
The coloring materials of Japanese Painting (especially Gunzyo, Ryokusyo), The coloring gradation, The figure at distant view and close one as the symbolism of idea
内容記述
日本画における古典的な制作技法と材料研究記録として、今回は青色系統の顔料の取扱いと作品におけるテーマ性との関わりを古典から現代までの作品を通じて考察した。日本画の顔料は、動植物や鉱物を原料とするために扱いが独特で難しく、なかでも青色の顔料は豊富な色調に分けることができ、わずかな色の調合の差によって作品の画面全体の雰囲気を変えてしまうほど仕上がりに大きく影響を与えることから、扱いが難しい色として考えられている。しかし千年以上にわたって継承されてきた日本画の歴史を仏教思想や文学作品と比較検証すると、青色は「心象」の表現に重要な役割を担う特別な色として様々な時代に珍重されてきたことがわかった。本稿では、その青色の象徴的な意味合いについて上古・古代の和歌の特徴から確認し、次にその特別な色の表現のために現代にまで工夫されてきた伝統的な技法について、筆者がこれまでの画業活動において試みてきた実験成果の一部を通じて述べる。その結果、青色をきっかけに、素材と造形、鑑賞といった美術教育における主要な課題を複数の観点から考察することにより、日本の伝統的な美意識が育まれてきた流れを重層的により深く再確認することができた。日常の教育現場において、日本の伝統文化における「ものづくり」の息吹を伝える一助にしていきたいと考えている。
内容記述
As a research record on classical production techniques and materials for Japanese painting, this paper examines the handling of blue shades of coloring materials and their connection with the thematic qualities in artworks in classical through contemporary artworks. The coloring materials of Japanese painting need a distinctive and difficult handling due to the fact that they are made from plant, animal, and mineral raw materials, with coloring materials for the color blue in particular capable of being divided into an abundant array of color tones. Since minor differences in the color mixing have a significant enough impact on the finish to alter the overall atmosphere of the painting, blue is considered a difficult color to handle. But performing a comparative verification of the history of Japanese painting that has been passed down for over 1,000 years with Buddhist thought and literary works reveals that blue has been highly prized across different eras as a special color that plays an important role in expressing the "symbolism of ideas." This paper verifies the symbolic nuances of the color blue from the characteristics of waka poems from ancient times and antiquity. Next, it discusses traditional techniques that have been devised down to the present day for expressing this special color through some of the results of experiments tried by the author through their painting activities to date. As a result, the paper uses the color blue as a starting point to consider important issues in art education, such as subject matter, formation, and appreciation, from multiple perspectives. Doing so has allowed for a more profound and multilayered reaffirmation of the course by which Japan's traditional aesthetic sense was cultivated. The desire is to assist in conveying the presence of "manufacturing" in traditional Japanese culture within day-to-day educational settings.
登録日
2012.02.10
資源タイプ
原著
資料種別(NIIタイプ)
Departmental Bulletin Paper
フォーマット
PDFファイル
著者版フラグ
publisher
機関名
中部大学
外部リンク
360LinkはSerials Solutionsのリンクリゾルバーサービスです。 CiNiiは国立情報学研究所が行っている学術論文の検索サービスです。 CiNiiは国立情報学研究所が行っている大学図書館の検索サービスです。 NDL Search
レビュー
Navigation Guide


mark
ブックマーク(BM)機能
追加ボタンを押すとブックマークを追加します
add bookmark  
Navigation Guide
mark
マイフォルダ機能
書誌情報をマイフォルダへ登録できます。
登録ボタンを押すと現在表示している書誌をマイフォルダへ登録します。
add  
Navigation Guide
mark
ファイルに保存
現在、表示している情報をファイルに保存します。
ファイルのエンコードを選択し、保存ボタンを押してください。
エンコード :

download  
Navigation Guide

Copyright (C) 中部大学附属三浦記念図書館 2013 All Right Reserved.