logo
iLiswave
home language
markメニュー
mark 総合案内
mark コンテンツ一覧
  
mark バックナンバー
  
mark 関連情報
mark利用者サービス
     ブックマーク
     検索履歴
     レビュー履歴


JAIRO/学術機関リポジトリポータル
CiNii/NII論文情報ナビゲータ
中部大学附属三浦記念図書館
中部大学
mark書誌詳細 print back bookmark history help
mark 論文情報  <XC11000022> Detail Navigation Guide

sltfunc
 競争的な場面における目標志向性 (2) ― 競争の形態による目標志向性の比較 ―
  太田, 伸幸, 2011.03. -- (現代教育学部紀要 ; Vol. 3 (2011.3)). w.  <XC11000022>
この書誌へのURL: COPY URL
Write Review
mark
mark 詳細  
書誌
タイトル
競争的な場面における目標志向性 (2) ― 競争の形態による目標志向性の比較 ―
タイトル(その他)
キョウソウテキナ バメン ニ オケル モクヒョウ シコウセイ 2 キョウソウ ノ ケイタイ ニヨル モクヒョウ シコウセイ ノ ヒカク
タイトル(その他)
Goal Orientations in Competitive Situations : Comparison with Competition Style
作成者
太田, 伸幸||オオタ, ノブユキ||Ota, Nobuyuki
公開者
中部大学現代教育学部
書誌構造リンク
ISSN
18833802
雑誌名
現代教育学部紀要
巻次等
3
開始終了ページ
55-65
発行日
2011.03
主題
競争的な場面、競争心、目標志向性、個人間競争、集団間競争
内容記述
本研究では場面の効果について,個人間競争と集団間競争になる条件(形式条件),場面の競争性の強さを操作する条件(成績条件,試合条件)を設定し,競争的な場面における目標志向性について明らかにすることを目的とした.大学生229 名を対象に調査を実施し,パーソナリティから目標志向性に与える影響と場面の効果について検討した.競争性が強い場面において「負けず嫌い」が,競争性がそれほど強くない場面において「過競争心」が,それぞれ勝利志向に影響を与えていた.これは,勝ちたいという意識が強い者は,競争性がそれほど強くない場面でも勝利を志向しやすいことを意味する.また,個人間競争と集団間競争の比較では,試合条件との交互作用が認められた.これは,集団間競争では他の成員の能力やチームワークを考慮して集団の能力の認知が行われるためであると考えられる.最後の試合条件では優勝の可能性があるという情報があるため高く能力を評価し,目標志向性や勝利可能性に影響を与えたと考えられる.
内容記述
The purpose of this study is to set up conditions for competition between individuals and competition between groups (configurational conditions) and conditions for manipulating the strength of the competitiveness in the situation (performance conditions, game conditions) with regard to situational outcomes in order to clarify the goal orientations in competitive situations. Surveys were conducted on 229 undergraduates, and the impact that personality has on goal orientations and the situational outcomes were examined. In situations with a strong competitive nature a "never give up attitude" had an impact on the orientation toward winning, while "hypercompetitiveness" had the same impact in situations where there was not all that strong of a competitive nature. This means that people with a strong conscious desire to win tend to be oriented towards winning even in situations where there is not all that strong of a competitive nature. Furthermore, in the comparison of competition between individuals and competition between groups it was observed that there is a interaction with the game conditions. It is thought that this is because with competition between groups acknowledgements of a group's abilities are carried out in consideration of the abilities and teamwork of the other members. For the final game conditions, ability was highly appraised because there was the information that victory was possible, which is believed to have had an impact on the goal orientations and possibility of winning.
登録日
2012.02.10
資源タイプ
原著
資料種別(NIIタイプ)
Departmental Bulletin Paper
フォーマット
PDFファイル
著者版フラグ
publisher
機関名
中部大学
外部リンク
360LinkはSerials Solutionsのリンクリゾルバーサービスです。 CiNiiは国立情報学研究所が行っている学術論文の検索サービスです。 CiNiiは国立情報学研究所が行っている大学図書館の検索サービスです。 NDL Search
レビュー
Navigation Guide


mark
ブックマーク(BM)機能
追加ボタンを押すとブックマークを追加します
add bookmark  
Navigation Guide
mark
マイフォルダ機能
書誌情報をマイフォルダへ登録できます。
登録ボタンを押すと現在表示している書誌をマイフォルダへ登録します。
add  
Navigation Guide
mark
ファイルに保存
現在、表示している情報をファイルに保存します。
ファイルのエンコードを選択し、保存ボタンを押してください。
エンコード :

download  
Navigation Guide

Copyright (C) 中部大学附属三浦記念図書館 2013 All Right Reserved.