logo
iLiswave
home language
markメニュー
mark 総合案内
mark コンテンツ一覧
  
mark バックナンバー
  
mark 関連情報
mark利用者サービス
     ブックマーク
     検索履歴
     レビュー履歴


JAIRO/学術機関リポジトリポータル
CiNii/NII論文情報ナビゲータ
中部大学附属三浦記念図書館
中部大学
mark書誌詳細 print back bookmark history help
mark 論文情報  <XC12000116> Detail Navigation Guide

sltfunc
 児童・生徒のための「適応度診断と介入」検査の開発と応用 (1) ― 小学5年生と中学2年生の友人とのつき合い方を中心にして ―
  今川, 峰子; 三島, 浩路, 2012.03. -- (現代教育学部紀要 ; Vol. 4 (2012.3)). w.  <XC12000116>
この書誌へのURL: COPY URL
Write Review
mark
mark 詳細  
書誌
タイトル
児童・生徒のための「適応度診断と介入」検査の開発と応用 (1) ― 小学5年生と中学2年生の友人とのつき合い方を中心にして ―
タイトル(その他)
ジドウ セイト ノ タメノ テキオウド シンダン ト カイニュウ ケンサ ノ カイハツ ト オウヨウ ショウガク 5ネンセイ ト チュウガク 2ネンセイ ノ ユウジン ノ ツキアイカタ オ チュウシン ニシテ (1)
タイトル(その他)
Development and application of the “School adjustment and intervention assessment" test for supporting children and students (1) ― analysis of relationships with friends for elementary school fifth graders and second year students at a junior high school ―
作成者
今川, 峰子||イマガワ, ミネコ||Imagawa, Mineko
作成者
三島, 浩路||ミシマ, コウジ||Mishima, Kouji
公開者
中部大学現代教育学部
書誌構造リンク
ISSN
18833802
雑誌名
現代教育学部紀要
巻次等
4
開始終了ページ
11-21
発行日
2012.03
主題
自己開示・親和, 同調, つき合い方, 学校適応度, パーソナルスペース
内容記述
友人とのつき合い方で支援が必要な児童・生徒を特定し、学校満足度、担任教師・養護教諭との関係を把握した研究である。調査協力者は小学5年生101名と中学2年生91名である。友人とのつき合い方についての12項目を因子分析した結果、自己開示・親和因子と同調因子を抽出した。友人に対する自己開示・親和得点は、中学生の方が小学生よりも高く、逆に同調得点は中学生の方が小学生よりも低く、分散分析の結果、学年の主効果は統計的に有意であった。自己開示・親和得点を縦軸に、同調得点を横軸にとり、友人とのつき合い方をクラス別に図示した。支援が必要な児童・生徒の特定は、個々人の自己開示・親和得点、同調得点、学校満足度得点、パーソナルスペースをZ得点に変換した上で実施した。支援が必要な児童・生徒は1クラス3名~5名程度が特定された。
内容記述
This study identified pupils and students who need support in terms of their relationships with friends, while also determining their score of school satisfaction and relationships with their homeroom teachers and school nurses. There were 101 children in their fifth year of elementary school that cooperated with the survey, as did 91 students in their second year of middle school. As a result of a factor analysis on 12 items dealing with their relationships with friends, a self-disclosure/intimateness factor and a conformity factor were selected. The scores for self-disclosure/intimateness towards friends was higher with the middle school students than with the elementary school children, whereas on the other hand the scores for conformity was lower for the middle school students than for the elementary school children. The results of a variance analysis were statistically significant for the main effects by school year. How the children interacted was graphed for each class by putting the scores for selfdisclosure/intimateness on the vertical axis and the scores for conformity on the horizontal axis. Children and students who need assistance were identified by converting the individual scores for self-disclosure/intimateness, conformity, school satisfaction, and personal space into a Z score. There were about three to five children and students identified as needing assistance in each class.
登録日
2012.11.12
資源タイプ
原著
資料種別(NIIタイプ)
Departmental Bulletin Paper
フォーマット
PDFファイル
著者版フラグ
publisher
機関名
中部大学
外部リンク
360LinkはSerials Solutionsのリンクリゾルバーサービスです。 CiNiiは国立情報学研究所が行っている学術論文の検索サービスです。 CiNiiは国立情報学研究所が行っている大学図書館の検索サービスです。 NDL Search
レビュー
Navigation Guide


mark
ブックマーク(BM)機能
追加ボタンを押すとブックマークを追加します
add bookmark  
Navigation Guide
mark
マイフォルダ機能
書誌情報をマイフォルダへ登録できます。
登録ボタンを押すと現在表示している書誌をマイフォルダへ登録します。
add  
Navigation Guide
mark
ファイルに保存
現在、表示している情報をファイルに保存します。
ファイルのエンコードを選択し、保存ボタンを押してください。
エンコード :

download  
Navigation Guide

Copyright (C) 中部大学附属三浦記念図書館 2013 All Right Reserved.