logo
iLiswave
home language
markメニュー
mark 総合案内
mark コンテンツ一覧
  
mark バックナンバー
  
mark 関連情報
mark利用者サービス
     ブックマーク
     検索履歴
     レビュー履歴


JAIRO/学術機関リポジトリポータル
CiNii/NII論文情報ナビゲータ
中部大学附属三浦記念図書館
中部大学
mark書誌詳細 print back bookmark history help
mark 論文情報  <XC12000253> Detail Navigation Guide

sltfunc
 Neuron MOSを用いたユニバーサル可変論理回路の設計
  阪田, 泉; 松岡, 里香; 柘植, 美穂; 井上, 晋輔, 2007.12. -- (中部大学工学部紀要 ; 43巻 (2007.12)). w.  <XC12000253>
この書誌へのURL: COPY URL
Write Review
mark
mark 詳細  
書誌
タイトル
Neuron MOSを用いたユニバーサル可変論理回路の設計
タイトル(その他)
Neuron MOS オ モチイタ ユニバーサル カヘン ロンリ カイロ ノ セッケイ
タイトル(その他)
Design of a Universal Variable Logic Circuit with a Neuron MOS
作成者
阪田, 泉||サカタ, イズミ||Sakata, Izumi
作成者
松岡, 里香||マツオカ, リカ||Matsuoka, Rika
作成者
柘植, 美穂||ツゲ, ミホ||Tsuge, Miho
作成者
井上, 晋輔||イノウエ, シンスケ||Inoue, Shinsuke
公開者
中部大学工学部
書誌構造リンク
ISSN
21877408
XISSN
09108629
雑誌名
中部大学工学部紀要
巻次等
43
開始終了ページ
15-21
発行日
2007.12
主題
Neuron MOS, Variable Logic Circuit, Floating-Gate Potential Diagram
内容記述
A Neuron MOS Transister has been developed(1), as new functional device which behaves more intelligently than a mere switching device. This functional device calculates weighted sum of all input signals at the gate level, and turns "on" or "off" based on the result of such a weighted sum operation. Making use of this powerful function, a number of interesting circuit applications have been explored. One of the most striking features of Neuron MOS applications is the realization of a variable logic circuit. This circuit can represent any logic function AND, OR, NAND, NOR, Exclusive-OR, Exclusive-NOR, etc., by adjusting external control signals without any changes in the hardware configuration. The circuit allows us to build real-time reconfigurable systems. In this paper, we propose a design of the universal variable logic circuit which represents 16 binary logic function in 2-variable, and another variable logic circuit which represents 6 binary logic function(AND, OR, NAND, NOR, Exclusive-OR, Exclusive-NOR) in any variable. The circuits are designed with a graphcal method which we call Floating-Gate Potential Diagram(2).PSPICE simulation results of the circuits are also presented.
登録日
2013.02.25
資源タイプ
招待論文
資料種別(NIIタイプ)
Departmental Bulletin Paper
フォーマット
PDFファイル
著者版フラグ
publisher
機関名
中部大学
外部リンク
360LinkはSerials Solutionsのリンクリゾルバーサービスです。 CiNiiは国立情報学研究所が行っている学術論文の検索サービスです。 CiNiiは国立情報学研究所が行っている大学図書館の検索サービスです。 NDL Search
レビュー
Navigation Guide


mark
ブックマーク(BM)機能
追加ボタンを押すとブックマークを追加します
add bookmark  
Navigation Guide
mark
マイフォルダ機能
書誌情報をマイフォルダへ登録できます。
登録ボタンを押すと現在表示している書誌をマイフォルダへ登録します。
add  
Navigation Guide
mark
ファイルに保存
現在、表示している情報をファイルに保存します。
ファイルのエンコードを選択し、保存ボタンを押してください。
エンコード :

download  
Navigation Guide

Copyright (C) 中部大学附属三浦記念図書館 2013 All Right Reserved.