logo
iLiswave
home language
markメニュー
mark 総合案内
mark コンテンツ一覧
  
mark バックナンバー
  
mark 関連情報
mark利用者サービス
     ブックマーク
     検索履歴
     レビュー履歴


JAIRO/学術機関リポジトリポータル
CiNii/NII論文情報ナビゲータ
中部大学附属三浦記念図書館
中部大学
mark書誌詳細 print back bookmark history help
mark 論文情報  <XC13000032> Detail Navigation Guide

sltfunc
 空間的自己相関を用いた用途混合パターン分析 - ニューヨーク市 SoHo地区と原宿・表参道を例に -
  早川, 紀朱, 2013.03. -- (中部大学工学部紀要 ; 48巻 (2012)). w.  <XC13000032>
この書誌へのURL: COPY URL
Write Review
mark
mark 詳細  
書誌
タイトル
空間的自己相関を用いた用途混合パターン分析 - ニューヨーク市 SoHo地区と原宿・表参道を例に -
タイトル(その他)
クウカンテキ ジコ ソウカン オ モチイタ ヨウト コンゴウ パターン ブンセキ ニューヨークシ SoHoチク ト ハラジュク オモテサンドウ オ レイニ
タイトル(その他)
Pattern Analysis on Mixture of Land Use Using Spatial Autocorrelation - Case of SoHo NYC and Harajuku-Omotesando -
作成者
早川, 紀朱||ハヤカワ, ノリアキ||Hayakawa, Noriaki
公開者
中部大学工学部
書誌構造リンク
ISSN
21877408
XISSN
09108629
雑誌名
中部大学工学部紀要
巻次等
48
開始終了ページ
28-37
発行日
2013.03
主題
用途の混合、空間的自己相関、SoHo、原宿・表参道
主題
mixture of use, spatial autocorrelation, SoHo, Harajuku-Omotesando
内容記述
ニューヨークのSoHoと原宿・表参道を対象とし、住居用途(1)であるか、非住居用途(0)であるか、という住居性指標を用いて、空間的自己相関分析(Morans I)を行った。住居用途/非住居用途の空間分布の差異を、クラスター型とランダム型の分布傾向を描くことにより指摘した。複数のメッシュサイズにより検定を行い、可変単位地区問題に簡易的に対応した。住商混在用途は、住居用途、あるいは非住居用途として双方のケースを検定して、積集合を最終結果として採用し、住商混在用途の持つ両義性に対応した。結果として、SoHoにおいては、街区を越えて広く面的にランダム型であるのに対して、原宿・表参道においては、大通り沿いにクラスター型が分布し、街区の内部に向かってランダム型に変化いく階層型の分布となっていることを指摘した。両地区のような用途混合パターンを描く際、本稿で得られた知見はルールの作成をサポートし得る。
内容記述
Mixed-use districts are areas where people can live, work and perform in high density environments. Jane Jacobs stated the desire for mixture of use in her book “The Death and life of Great American Cities" published in 1961, and this principle is still generally accepted. However, it is not yet clear how the mixture of use can be measured, nor what types of mixed-use pattern we have. In this context, this paper aims to compare the land use pattern of SoHo in New York and Harajuku-Omotesando in Tokyo, which could both be considered as excellent examples of Jacob's theories. Moran's I is used to describe spatial autocorrelation for data sets of the two cities in several scales. Here Moran's I returns whether residential / non-residential buildings are clustered or randomly distributed. The result indicates two different directions of the mixture of use; firstly gradational transition among residential / non-residential buildings as shown in Harajuku-Omotesando, and relatively flat and uniform distribution as shown in SoHo.
登録日
2013.04.29
資源タイプ
研究論文
資料種別(NIIタイプ)
Departmental Bulletin Paper
フォーマット
PDFファイル
著者版フラグ
publisher
機関名
中部大学
外部リンク
360LinkはSerials Solutionsのリンクリゾルバーサービスです。 CiNiiは国立情報学研究所が行っている学術論文の検索サービスです。 CiNiiは国立情報学研究所が行っている大学図書館の検索サービスです。 NDL Search
レビュー
Navigation Guide


mark
ブックマーク(BM)機能
追加ボタンを押すとブックマークを追加します
add bookmark  
Navigation Guide
mark
マイフォルダ機能
書誌情報をマイフォルダへ登録できます。
登録ボタンを押すと現在表示している書誌をマイフォルダへ登録します。
add  
Navigation Guide
mark
ファイルに保存
現在、表示している情報をファイルに保存します。
ファイルのエンコードを選択し、保存ボタンを押してください。
エンコード :

download  
Navigation Guide

Copyright (C) 中部大学附属三浦記念図書館 2013 All Right Reserved.