logo
iLiswave
home language
markメニュー
mark 総合案内
mark コンテンツ一覧
  
mark バックナンバー
  
mark 関連情報
mark利用者サービス
     ブックマーク
     検索履歴
     レビュー履歴


JAIRO/学術機関リポジトリポータル
CiNii/NII論文情報ナビゲータ
中部大学附属三浦記念図書館
中部大学
mark書誌詳細 print back bookmark history help
mark 論文情報  <XC13000038> Detail Navigation Guide

sltfunc
 ライバルの対人関係次元上の位置づけに関する研究
  太田, 伸幸, 2013.03. -- (現代教育学部紀要 ; Vol. 5 (2013.3)). w.  <XC13000038>
この書誌へのURL: COPY URL
Write Review
mark
mark 詳細  
書誌
タイトル
ライバルの対人関係次元上の位置づけに関する研究
タイトル(その他)
ライバル ノ タイジン カンケイ ジゲンジョウ ノ イチズケ ニ カンスル ケンキュウ
タイトル(その他)
A Study of the Positioning on the Interpersonal Dimension of Rival
作成者
太田, 伸幸||オオタ, ノブユキ||Ota, Nobuyuki
公開者
中部大学現代教育学部
書誌構造リンク
ISSN
18833802
雑誌名
現代教育学部紀要
巻次等
5
開始終了ページ
29-38
発行日
2013.03
主題
ライバル, 競争志向性, 協同志向性, 友人, 対人関係モデル
主題
rivals, competitive orientation, cooperative orientation, friends, interpersonal relationship model
内容記述
従来の個人志向,競争志向,協同志向から構成されるモデルをもとに,ライバル関係に関する一連の研究から導かれたモデルを新たに策定した.本研究において実証的に検討し,ライバルの対人関係次元上の位置づけを明らかにすることを目的とした.研究1では,競争志向性・協同志向性の項目を作成した.研究2,研究3において,友人としてのみ認知する相手,ライバルとしてのみ認知する相手,友人・ライバルの両方に認知する相手に対して生起する目標志向性の比較を行ったところ,友人として認知している相手に対しては協同志向性が,ライバルとして認知している相手に対しては競争志向性が高まることが示された.また,競争志向性と協同志向性は独立しており,友人・ライバルの両方に認知している相手に対しては両志向性共に高まることが示された.従来のモデルでは,両志向性が同時に高まるということを想定したモデルではないため,ライバル関係をとらえるためには競争志向性と協同志向性を独立した次元ととらえるモデルが有効であることが示された.
内容記述
Based upon the conventional model, which is comprised of an individual orientation, a competitive orientation, and a cooperative orientation, it was formulated a new model derived from a series of studies related to rival relationships. The purpose of this study was to perform an empirical examination in these studies in order to clarify the positioning of rivals within the dimension of interpersonal relationships. In the first study, particulars for a competitive orientation and a cooperative orientation were created. In the second and third studies, comparisons of the target orientations that emerge were performed on partners that only recognized other people as friends, partners that only recognized other people as rivals, and partners that recognized other people as both friends and rivals. This demonstrated that there was a rise in the cooperative orientation towards partners that recognized other people as friends, while there was a rise in the competitive orientation towards those who recognized other people as rivals. Furthermore, it also indicated that a competitive orientation and cooperative orientation are independent of one another, and so there was a rise in both orientations towards partners who recognized other people as both friends and rivals. The conventional model was not a model that assumed that both of these orientations would rise simultaneously. Therefore, this indicated that a model that perceives a competitive orientation and a cooperative orientation as dimensions that are independent of one another is effective for perceiving rival relations.
登録日
2013.04.19
資源タイプ
原著
資料種別(NIIタイプ)
Departmental Bulletin Paper
フォーマット
PDFファイル
著者版フラグ
publisher
機関名
中部大学
外部リンク
360LinkはSerials Solutionsのリンクリゾルバーサービスです。 CiNiiは国立情報学研究所が行っている学術論文の検索サービスです。 CiNiiは国立情報学研究所が行っている大学図書館の検索サービスです。 NDL Search
レビュー
Navigation Guide


mark
ブックマーク(BM)機能
追加ボタンを押すとブックマークを追加します
add bookmark  
Navigation Guide
mark
マイフォルダ機能
書誌情報をマイフォルダへ登録できます。
登録ボタンを押すと現在表示している書誌をマイフォルダへ登録します。
add  
Navigation Guide
mark
ファイルに保存
現在、表示している情報をファイルに保存します。
ファイルのエンコードを選択し、保存ボタンを押してください。
エンコード :

download  
Navigation Guide

Copyright (C) 中部大学附属三浦記念図書館 2013 All Right Reserved.