logo
iLiswave
home language
markメニュー
mark 総合案内
mark コンテンツ一覧
  
mark バックナンバー
  
mark 関連情報
mark利用者サービス
     ブックマーク
     検索履歴
     レビュー履歴


JAIRO/学術機関リポジトリポータル
CiNii/NII論文情報ナビゲータ
中部大学附属三浦記念図書館
中部大学
mark書誌詳細 print back bookmark history help
mark 論文情報  <XC13000102> Detail Navigation Guide

sltfunc
 完全4度音程の演奏表現についての一考察 - J・S・Bach「3声シンフォニア」を題材として -
  中野, 里美, 2009.03. -- (現代教育学部紀要 ; Vol. 1 (2009.3)). w.  <XC13000102>
この書誌へのURL: COPY URL
Write Review
mark
mark 詳細  
書誌
タイトル
完全4度音程の演奏表現についての一考察 - J・S・Bach「3声シンフォニア」を題材として -
タイトル(その他)
カンゼン 4ド オンテイ ノ エンソウ ヒョウゲン ニ ツイテ ノ イチコウサツ J. S. Bach 3セイ シンフォニア オ ダイザイ トシテ
タイトル(その他)
The Performance Expression and the Musical Effect on Perfect Fourth Interval in J・S・Bach Compositions
作成者
中野, 里美||ナカノ, サトミ||Nakano, Satomi
公開者
中部大学現代教育学部
書誌構造リンク
ISSN
18833802
雑誌名
現代教育学部紀要
巻次等
1
開始終了ページ
67-80
発行日
2009.03
主題
J・S・Bach (J. S. Bach), 3声シンフォニア (three parts Sinfonias), 完全4度音程 (perfect fourth interval)
内容記述
J・S・Bach(1685~1750)が、オルガニストとして活躍し、数々のオルガン曲を生み出したワイマール時代を経た後の任地:ケーテンにおいての約5年間は、彼の芸術家としての生涯の中でも、特に大きな転機を迎えることとなる。現在われわれが親しむ器楽曲の大部分は、このケーテン時代(1717~1723)、いわゆる「クラヴィーア音楽の黄金時代」に書かれている。この「3声シンフォニア」もまた、その時期の所産である。「練習曲」にも関わらず、練習曲を超えた素晴らしい芸術作品として、また今日のピアノ学習者たちにとっての不可欠な教材として、必ずと言って良いほど使用されている。2つの曲集「2声インヴェンション」と「3声シンフォニア」は、同時期に書かれた「平均律曲集」と同じく、一曲も同じ調性のものを持たない。違うのは「平均律曲集」のように、24の全ての調を網羅せず、共に15曲から構成されている点である。その調性は(C、c、D、d、Es、E、e、F、f、G、g、A、a、B、h )で、第1番より第15番に向けて、比較的易しい調から、徐々に調号(bや# )が増えていくように配置されている。通常、ピアノ学習者達は「2声インヴェンション」を学び、ポリフォニーに親しんだ後、「3声シンフォニア」へと移っていく。しかし移行した途端、声部の増加に困惑し、各声部の弾き分けに困難を覚える。音を必死に追いかけるだけの平面的な演奏で精一杯となってしまい、ひいてはこの「3声シンフォニア」をきっかけに、J・S・Bachの作品の演奏を苦手に思ってしまうケースも少なくない。この作品集を通じて、今回は「完全4度音程」及び「完全4度音程で構成される音階」においての解釈と、その演奏における表現法に焦点を絞って、立体的なポリフォニー音楽の演奏への手掛かりについて考えてみた。
内容記述
J. S. Bach (1685-1750) spent active years in Weimar as an organist, also composing many pieces of organ music, and after that he spent 5 years in Koethen, which brought him to one of the greatest turning points in his life as an artist. Most of his instrumental works that we enjoy today were written in this Koethen years (1717-1723), which is so-called "Clavier music years". This work, named "Three Part Sinfonias", is also one of his outstanding works produced in that period. Although it was written as a "study (etude)" this work is highly evaluated by people as a fantastic music going far beyond a mere study, and used almost everywhere in the world as an essential training material for piano players today. Every piece contained in two works "Two Part Inventions" and "Three Part Sinfonias" has different keys, just like "Well-Tempered Clavier". What distinguishes between them is that the former two works consist of 15 pieces each, while "Well-Tempered Clavier" covers all of the 24 keys. The keys used in these two works are (C, c, D, d, Es, E, e, F, f, G, g, A, a, B, h ) , placed in order of plainness: relatively simple or easy keys are used first, and then various musical signs (b, # , etc.) are gradually added as the pieces advance from No.1 to 15. In general, piano players learn "Two Part Invention" first in order to be familiar with polyphony, and then proceed to "Three Part Sinfonias". However, many of them feel confused by increased vocal parts and find it difficult to play each vocal part simultaneously, as soon as they proceed to "Three Part Sinfonias". In these cases they often become unable to do anything but just following the score, which makes up monotonous performance, and as a result, more than sometimes this "Three Part Sinfonias" makes piano learners become unwilling to play J.S. Bach's works. In this study I considered about a handhold leading to three-dimensional polyphony music, focusing on interpretation of "polyphony" itself and "musical scales consisting of polyphony", and expression methods used in performing polyphony music, through Bach's these works.
登録日
2013.07.02
資源タイプ
原著
資料種別(NIIタイプ)
Departmental Bulletin Paper
フォーマット
PDFファイル
著者版フラグ
publisher
機関名
中部大学
外部リンク
360LinkはSerials Solutionsのリンクリゾルバーサービスです。 CiNiiは国立情報学研究所が行っている学術論文の検索サービスです。 CiNiiは国立情報学研究所が行っている大学図書館の検索サービスです。 NDL Search
レビュー
Navigation Guide


mark
ブックマーク(BM)機能
追加ボタンを押すとブックマークを追加します
add bookmark  
Navigation Guide
mark
マイフォルダ機能
書誌情報をマイフォルダへ登録できます。
登録ボタンを押すと現在表示している書誌をマイフォルダへ登録します。
add  
Navigation Guide
mark
ファイルに保存
現在、表示している情報をファイルに保存します。
ファイルのエンコードを選択し、保存ボタンを押してください。
エンコード :

download  
Navigation Guide

Copyright (C) 中部大学附属三浦記念図書館 2013 All Right Reserved.