logo
iLiswave
home language
markメニュー
mark 総合案内
mark コンテンツ一覧
  
mark バックナンバー
  
mark 関連情報
mark利用者サービス
     ブックマーク
     検索履歴
     レビュー履歴


JAIRO/学術機関リポジトリポータル
CiNii/NII論文情報ナビゲータ
中部大学附属三浦記念図書館
中部大学
mark書誌詳細 print back bookmark history help
mark 論文情報  <XC13000105> Detail Navigation Guide

sltfunc
 交友関係のタイプを診断するテスト開発の試み - 会話時のパーソナル・スペースと感情の測定を利用して -
  今川, 峰子, 2009.03. -- (現代教育学部紀要 ; Vol. 1 (2009.3)). w.  <XC13000105>
この書誌へのURL: COPY URL
Write Review
mark
mark 詳細  
書誌
タイトル
交友関係のタイプを診断するテスト開発の試み - 会話時のパーソナル・スペースと感情の測定を利用して -
タイトル(その他)
コウユウ カンケイ ノ タイプ オ シンダンスル テスト カイハツ ノ ココロミ カイワジ ノ パーソナル スペース ト カンジョウ ノ ソクテイ オ リヨウ シテ
タイトル(その他)
An Attempt of the Assessment for Several Types of the Relationship with Friends - Used by Measuring Personal Space and Feeling with Friends in Talking -
作成者
今川, 峰子||イマガワ, ミネコ||Imagawa, Mineko
公開者
中部大学現代教育学部
書誌構造リンク
ISSN
18833802
雑誌名
現代教育学部紀要
巻次等
1
開始終了ページ
105-117
発行日
2009.03
主題
projective method, personal space, self-disclosure, clinging, conformity-dilemma
内容記述
本研究は,強いストレスを抱える交友関係のタイプを診断するテストの開発を目的にしている. 被験者は小学4年から中学3年の合計904名である. 今川による投影法を利用したパーソナル・スペーステストと会話場面での自己開示性,親密性,同調性,葛藤等を測定する尺度である. 結果は以下の通りである. (1)会話場面での評定値をもとに,自己開示•親和因子,同調因子,葛藤因子,支配因子を抽出し,合成得点を算出した. (2)自己開示•親和得点は,親密距離群が最も高く,友人距離群,疎遠距離群,離反距離群になるほど低くなる. (3)自己開示•親和得点と同調•葛藤得点の2つの軸から,交友関係のタイプをしがみつき群,同調ジレンマ群,身切り独立群,満足群の4 群に分類した. (4)支援を必要とするタイプとして,しがみつき群で親密距離群に該当する男子11名,女子15名,同調ジレンマ群で親密距離群に該当する男子19名,女子14名が抽出された.
内容記述
The purpose of this study is to develop a test that can diagnose various types of stressful friendship. For this purpose we inspected 904 testees ranging from the 4th grade of elementary-school children to the 3rd grade of junior high- school children. In this study a personal-space test was conducted adopting Imagawa's projective method, in order to measure the extent of self-disclosure, intimacy, conformity, trouble and other factors observed in conversation scenarios. The results are as follows: (1) Based on evaluation scores obtained in conversation scenarios, we extracted self-disclosure and intimacy factors, conformity factors, trouble factors and domination factors, and then figured out synthetic scores. (2) Self-disclosure and intimacy factors showed the highest score in the intimate-distance group, and became lower as they went to the friend-distance group, the estranged-distance group and the broken-away-distance group. (3) From two axes composed of the self-disclosure and intimacy score, and the conformity and trouble score,11 male and 15 female pupils were extracted as persons whose relationship with friends belongs to the clinging group and the intimate-distance group, and 19 male and 14 female pupils belonging to the conformity-dilemma group and the intimate-distance group.
登録日
2013.07.02
資源タイプ
原著
資料種別(NIIタイプ)
Departmental Bulletin Paper
フォーマット
PDFファイル
著者版フラグ
publisher
機関名
中部大学
外部リンク
360LinkはSerials Solutionsのリンクリゾルバーサービスです。 CiNiiは国立情報学研究所が行っている学術論文の検索サービスです。 CiNiiは国立情報学研究所が行っている大学図書館の検索サービスです。 NDL Search
レビュー
Navigation Guide


mark
ブックマーク(BM)機能
追加ボタンを押すとブックマークを追加します
add bookmark  
Navigation Guide
mark
マイフォルダ機能
書誌情報をマイフォルダへ登録できます。
登録ボタンを押すと現在表示している書誌をマイフォルダへ登録します。
add  
Navigation Guide
mark
ファイルに保存
現在、表示している情報をファイルに保存します。
ファイルのエンコードを選択し、保存ボタンを押してください。
エンコード :

download  
Navigation Guide

Copyright (C) 中部大学附属三浦記念図書館 2013 All Right Reserved.