logo
iLiswave
home language
markメニュー
mark 総合案内
mark コンテンツ一覧
  
mark バックナンバー
  
mark 関連情報
mark利用者サービス
     ブックマーク
     検索履歴
     レビュー履歴


JAIRO/学術機関リポジトリポータル
CiNii/NII論文情報ナビゲータ
中部大学附属三浦記念図書館
中部大学
mark書誌詳細 print back bookmark history help
mark 論文情報  <XC13000107> Detail Navigation Guide

sltfunc
 競争的な場面における目標志向性 - 認知されるライバルの類型による目標志向性の比較 -
  太田, 伸幸, 2009.03. -- (現代教育学部紀要 ; Vol. 1 (2009.3)). w.  <XC13000107>
この書誌へのURL: COPY URL
Write Review
mark
mark 詳細  
書誌
タイトル
競争的な場面における目標志向性 - 認知されるライバルの類型による目標志向性の比較 -
タイトル(その他)
キョウソウテキナ バメン ニオケル モクヒョウ シコウセイ ニンチ サレル ライバル ノ ルイケイ ニヨル モクヒョウ シコウセイ ノ ヒカク
タイトル(その他)
Goal Orientations on Competitive Situation - Comparison with Recognized Rival Types -
作成者
太田, 伸幸||オオタ, ノブユキ||Ota, Nobuyuki
公開者
中部大学現代教育学部
書誌構造リンク
ISSN
18833802
雑誌名
現代教育学部紀要
巻次等
1
開始終了ページ
129-139
発行日
2009.03
主題
ライバル (rival), 目標志向性 (goal orientation), 好敵手 (a good match), 目標 (target person), 競争的な場面 (competitive situation)
内容記述
本研究では、目標志向性だけでなく、原因帰属、対処方略も含めた比較を行い、競争的な場面における目標志向性に及ぼす相手の要因について明らかにすることを目的として実施された。相手はライバル、および提示された場面以外では行動を共にしない知人を設定し、さらに、ライバルの類型も考慮に入れた検討を行った。提示場面としてスポーツ場面を用いた場面想定法による調査を大学生305名(男性208名、女性94名、不明3名) を対象に実施した。ライバルを「好敵手」と「目標」に分類し、ライバルの類型とペア・対戦相手の条件による分析を行ったところ、勝利志向にのみ「好敵手」と「目標」に有意差が認められた。本研究で提示した場面では対戦相手もペアを組む相手も能力差が無い相手に設定していたため、この能力差がない相手という設定は「好敵手」に該当する特徴であった。このことより、対等な相手との競争を意識しやすい回答者の方が、より勝利を志向しやすいということが示唆された。
内容記述
The purpose of this study was to clarify how the counterparty's existence and behavior affects a person's goal orientation in a competitive environment, by making comparison of not only goal orientation itself but also casual attributions and coping strategies. For this purpose we inspected 305 undergraduate (208 male, 94 female and 3 unknown) as participants, by adopting an environment-setting method that presumes a specific given environment in sports activity. We defined the counterparty as a rival, an acquaintance who comes in touch with the participant only in the given environment, and other people who are of similar types of the rival. In the analysis processes, we classified rivals into a "good match" and "a target person", and set conditions about pairs, opponents and persons similar to the rival. As a result, a significant difference was observed between "a good match" and "a target person", only when participants have a winning orientation. In this study it was presumed that the opponent and the person forming a pair with the participant have the same level of ability as the participant. This "same level of ability" is a distinctive feature that "a good match" has. Accordingly, this result suggests that when participants assume competition with the counterparty who is on a equal level, they become more winning-oriented.
登録日
2013.07.02
資源タイプ
原著
資料種別(NIIタイプ)
Departmental Bulletin Paper
フォーマット
PDFファイル
著者版フラグ
publisher
機関名
中部大学
外部リンク
360LinkはSerials Solutionsのリンクリゾルバーサービスです。 CiNiiは国立情報学研究所が行っている学術論文の検索サービスです。 CiNiiは国立情報学研究所が行っている大学図書館の検索サービスです。 NDL Search
レビュー
Navigation Guide


mark
ブックマーク(BM)機能
追加ボタンを押すとブックマークを追加します
add bookmark  
Navigation Guide
mark
マイフォルダ機能
書誌情報をマイフォルダへ登録できます。
登録ボタンを押すと現在表示している書誌をマイフォルダへ登録します。
add  
Navigation Guide
mark
ファイルに保存
現在、表示している情報をファイルに保存します。
ファイルのエンコードを選択し、保存ボタンを押してください。
エンコード :

download  
Navigation Guide

Copyright (C) 中部大学附属三浦記念図書館 2013 All Right Reserved.