logo
iLiswave
home language
markメニュー
mark 総合案内
mark コンテンツ一覧
  
mark バックナンバー
  
mark 関連情報
mark利用者サービス
     ブックマーク
     検索履歴
     レビュー履歴


JAIRO/学術機関リポジトリポータル
CiNii/NII論文情報ナビゲータ
中部大学附属三浦記念図書館
中部大学
mark書誌詳細 print back bookmark history help
mark 論文情報  <XC13000108> Detail Navigation Guide

sltfunc
 大学生の国際性意識に関する研究
  早矢仕, 彩子, 2009.03. -- (現代教育学部紀要 ; Vol. 1 (2009.3)). w.  <XC13000108>
この書誌へのURL: COPY URL
Write Review
mark
mark 詳細  
書誌
タイトル
大学生の国際性意識に関する研究
タイトル(その他)
ダイガクセイ ノ コクサイセイ イシキ ニ カンスル ケンキュウ
タイトル(その他)
University Students' Internationality Awareness
作成者
早矢仕, 彩子||ハヤシ, サイコ||Hayashi, Saiko
公開者
中部大学現代教育学部
書誌構造リンク
ISSN
18833802
雑誌名
現代教育学部紀要
巻次等
1
開始終了ページ
141-155
発行日
2009.03
主題
国際性 (internationality), 語学能力 (language ability), コミュニケーション能力 (communication ability), 海外経験 (oversea experiences)
内容記述
最近よく使われる言葉に国際性という言葉がある。各種教育機関において、教育の理念を掲げるとき、また学生募集のキャッチフレーズとして、"国際性豊かな人を育てる"、"国際性の涵養" のような使い方で頻繁に使用されている。この研究は、大学生436人を対象に質問紙調査を行い、「国際性」という語を彼らがどう捉えているか、また自分の国際性をどう考えているのかを調査した結果をまとめたものである。国際性にもっとも大切なものとして選択したのは語学力カテゴリーの記述が44.2%と圧倒的多数であった。二番目に大切なものも、語学力カテゴリーの回答が最多であった。ずっと少数ではあるが、次いで、海外経験、コミュニケーション能力、行動特性などのカテゴリーの記述が続いた。また大学生たちの自らの国際性の評価は高くない。現代社会において国際性は役に立つという回答が圧倒的多数であり、自らの国際性評価は高くないにもかかわらず、国際性を伸ばすべく努力することにはあまり積極的ではないという結果であった。大学生の国際性の意味の把握が語学力に傾いていることについて、また自らの国際性についての評価や構えなどについて、日本社会の風潮、教育現場における教育のあり方という観点から論じた。
内容記述
The word "internationality" is often used especially by educational institutions, when they refer to their educational philosophy or make catchphrases. The purpose of this study is to know how university students interpret the word internationality" and how do they perceive their own internationality. According to my research of 436 students, 44.2% answered foreign language ability (especially English) as the most important factor in internationality. To a much lesser degree, oversea experiences, communication ability, and behavioral characteristics were indicated also. Students evaluated their own "internationality" as low. They regarded "internationality" very useful in the modern world, but they lacked incentive to try hard to gain more internationality themselves. These results are further explained from a Japanese societal and educational perspective.
登録日
2013.07.02
資源タイプ
原著
資料種別(NIIタイプ)
Departmental Bulletin Paper
フォーマット
PDFファイル
著者版フラグ
publisher
機関名
中部大学
外部リンク
360LinkはSerials Solutionsのリンクリゾルバーサービスです。 CiNiiは国立情報学研究所が行っている学術論文の検索サービスです。 CiNiiは国立情報学研究所が行っている大学図書館の検索サービスです。 NDL Search
レビュー
Navigation Guide


mark
ブックマーク(BM)機能
追加ボタンを押すとブックマークを追加します
add bookmark  
Navigation Guide
mark
マイフォルダ機能
書誌情報をマイフォルダへ登録できます。
登録ボタンを押すと現在表示している書誌をマイフォルダへ登録します。
add  
Navigation Guide
mark
ファイルに保存
現在、表示している情報をファイルに保存します。
ファイルのエンコードを選択し、保存ボタンを押してください。
エンコード :

download  
Navigation Guide

Copyright (C) 中部大学附属三浦記念図書館 2013 All Right Reserved.