logo
iLiswave
home language
markメニュー
mark 総合案内
mark コンテンツ一覧
  
mark バックナンバー
  
mark 関連情報
mark利用者サービス
     ブックマーク
     検索履歴
     レビュー履歴


JAIRO/学術機関リポジトリポータル
CiNii/NII論文情報ナビゲータ
中部大学附属三浦記念図書館
中部大学
mark書誌詳細 print back bookmark history help
mark 論文情報  <XC13000113> Detail Navigation Guide

sltfunc
 日本画の制作過程と素材研究 - 宇宙を求めるための華 -
  下川, 辰彦, 2009.03. -- (現代教育学部紀要 ; Vol. 1 (2009.3)). w.  <XC13000113>
この書誌へのURL: COPY URL
Write Review
mark
mark 詳細  
書誌
タイトル
日本画の制作過程と素材研究 - 宇宙を求めるための華 -
タイトル(その他)
ニホンガ ノ セイサク カテイ ト ソザイ ケンキュウ ウチュウ オ モトメル タメノ ハナ
タイトル(その他)
Education Report for Two Pieces of Japanese Painting, Study for the Working Process and Materials - The Flower for being Symbolic of the Universe -
作成者
下川, 辰彦||シモカワ, タツヒコ||Shimokawa, Tathuhiko
公開者
中部大学現代教育学部
書誌構造リンク
ISSN
18833802
雑誌名
現代教育学部紀要
巻次等
1
開始終了ページ
191-197
発行日
2009.03
内容記述
日本画の伝統的な古画技法についての実践的な研究は、近世まで各流派による秘事口伝として伝えられてきたこともあり、未だ解明されていない点が多く残されている。多くの画家が経験を積み重ねながら独自に研究をすすめているのが現状である。本文では、日本画作品の実践的な制作過程における材料と技法について、特に下地作りと対象を描く工程における和紙、顔料、墨の基本的な役割に焦点をあてて、今日の日本画が古画技法をもとに現代の制作に応用し工夫を行っている状況について報告する。さらに、日本画で用いる材料の性質や取扱いのみでなく、表現に求める象徴性、内面的なテーマにいたるまで、自然との密接な関連性がある点を再認識することによって、日本の風土、自然環境を背景として日本の絵画が発達してきた様子を魅力として改めて確認してみたい。筆者は、今後機会に恵まれることがあれば、これまでの実験記録を具体的に報告していきたいと考えている。今回はその第1回として位置づけたい。写真掲載する作品は、筆者が連作として描いているテーマ「月下美人」の花をモチーフとした「宙」と「双」の二作品(2008年制作)である。
登録日
2013.07.02
資源タイプ
実践報告
資料種別(NIIタイプ)
Departmental Bulletin Paper
フォーマット
PDFファイル
著者版フラグ
publisher
機関名
中部大学
外部リンク
360LinkはSerials Solutionsのリンクリゾルバーサービスです。 CiNiiは国立情報学研究所が行っている学術論文の検索サービスです。 CiNiiは国立情報学研究所が行っている大学図書館の検索サービスです。 NDL Search
レビュー
Navigation Guide


mark
ブックマーク(BM)機能
追加ボタンを押すとブックマークを追加します
add bookmark  
Navigation Guide
mark
マイフォルダ機能
書誌情報をマイフォルダへ登録できます。
登録ボタンを押すと現在表示している書誌をマイフォルダへ登録します。
add  
Navigation Guide
mark
ファイルに保存
現在、表示している情報をファイルに保存します。
ファイルのエンコードを選択し、保存ボタンを押してください。
エンコード :

download  
Navigation Guide

Copyright (C) 中部大学附属三浦記念図書館 2013 All Right Reserved.