logo
iLiswave
home language
markメニュー
mark 総合案内
mark コンテンツ一覧
  
mark バックナンバー
  
mark 関連情報
mark利用者サービス
     ブックマーク
     検索履歴
     レビュー履歴


JAIRO/学術機関リポジトリポータル
CiNii/NII論文情報ナビゲータ
中部大学附属三浦記念図書館
中部大学
mark書誌詳細 print back bookmark history help
mark 論文情報  <XC13000177> Detail Navigation Guide

sltfunc
 鶏卵の摂取がラットの血中コレステロール濃度に及ぼす影響
  小川, 宣子; 山田, 和; 山中, なつみ, 2013.03. -- (生物機能開発研究所紀要 ; No.13 (2013.3)). w.  <XC13000177>
この書誌へのURL: COPY URL
Write Review
mark
mark 詳細  
書誌
タイトル
鶏卵の摂取がラットの血中コレステロール濃度に及ぼす影響
タイトル(その他)
ケイラン ノ セッシュ ガ ラット ノ ケッチュウ コレステロール ノウド ニオヨボス エイキョウ
タイトル(その他)
The effect of dietary egg on the serum cholesterol in rats.
作成者
小川, 宣子||オガワ, ノリコ||Ogawa, Noriko
作成者
山田, 和||ヤマダ, ヤスシ||Yamada, Yasushi
作成者
山中, なつみ||ヤマナカ, ナツミ||Yamanaka, Natsumi
公開者
中部大学生物機能開発研究所
書誌構造リンク
ISSN
13464205
雑誌名
生物機能開発研究所紀要
巻次等
13
開始終了ページ
75-84
発行日
2013.03
主題
Egg white, Egg yolk, Cholesterol, Heat-denaturation, Rat
主題
卵白,卵黄,コレステロール,熱変性,ラット
内容記述
鶏卵の摂取が血中コレステロール濃度に及ぼす影響について,摂取方法をふまえて評価することを目的とし,鶏種の違いと熱変性が卵白の血中コレステロール上昇抑制作用に及ぼす影響を調べた.白色レグホーン,岐阜地鶏,奥美濃古地鶏の卵白を高コレステロール食とともにラットに10日間摂取させた結果,血中LDL-コレステロール濃度は各々49,72,61 mg/100ml となった.比較としてカゼインを摂取させたラットの106 mg/100ml に比べて有意に低く,いずれの鶏種の卵白も血中コレステロール濃度の上昇を抑制し,これら3鶏種においてはその作用に差はないことが示された.白色レグホーン種の卵を殻付きのまま85℃まで加熱したゆで卵の卵白と生卵白について同様に比較した結果,熱変性した卵白も生卵白と同様に血中コレステロール濃度の上昇を抑制した.さらに,全卵として摂取した場合の卵白と卵黄の相互作用を検討したところ,卵白の摂取は肝臓におけるコレステロールの分解を促進すること,卵黄の摂取はコレステロールの吸収を抑制することが示唆された.しかし,全卵として卵白と卵黄をともに摂取させたラットでは,コレステロールの吸収抑制は認められたが,コレステロールの分解促進は認められなかった.
登録日
2014.02.26
資源タイプ
報文
資料種別(NIIタイプ)
Departmental Bulletin Paper
フォーマット
PDFファイル
著者版フラグ
publisher
機関名
中部大学
外部リンク
360LinkはSerials Solutionsのリンクリゾルバーサービスです。 CiNiiは国立情報学研究所が行っている学術論文の検索サービスです。 CiNiiは国立情報学研究所が行っている大学図書館の検索サービスです。 NDL Search
レビュー
Navigation Guide


mark
ブックマーク(BM)機能
追加ボタンを押すとブックマークを追加します
add bookmark  
Navigation Guide
mark
マイフォルダ機能
書誌情報をマイフォルダへ登録できます。
登録ボタンを押すと現在表示している書誌をマイフォルダへ登録します。
add  
Navigation Guide
mark
ファイルに保存
現在、表示している情報をファイルに保存します。
ファイルのエンコードを選択し、保存ボタンを押してください。
エンコード :

download  
Navigation Guide

Copyright (C) 中部大学附属三浦記念図書館 2013 All Right Reserved.