logo
iLiswave
home language
markメニュー
mark 総合案内
mark コンテンツ一覧
  
mark バックナンバー
  
mark 関連情報
mark利用者サービス
     ブックマーク
     検索履歴
     レビュー履歴


JAIRO/学術機関リポジトリポータル
CiNii/NII論文情報ナビゲータ
中部大学附属三浦記念図書館
中部大学
mark書誌詳細 print back bookmark history help
mark 論文情報  <XC13000178> Detail Navigation Guide

sltfunc
 出光興産(株)愛知製油所グリーンベルトにおける哺乳類相予備調査
  川本, 宏和; 田崎, 里実; 石澤, 祐介; 白子, 智康; 上野, 薫; 南, 基泰; 橋本, 良樹, 2013.03. -- (生物機能開発研究所紀要 ; No.13 (2013.3)). w.  <XC13000178>
この書誌へのURL: COPY URL
Write Review
mark
mark 詳細  
書誌
タイトル
出光興産(株)愛知製油所グリーンベルトにおける哺乳類相予備調査
タイトル(その他)
イデミツ コウサン カブ アイチ セイユジョ グリーンベルト ニ オケル ホニュウルイソウ ヨビ チョウサ
タイトル(その他)
Preliminary notes on Mammal Fauna Evaluation at Green Belt in Aichi Refinery of Idemitsu Kosan Co., Ltd., Aichi Prefecture, Japan
作成者
川本, 宏和||カワモト, ヒロカズ||Kawamoto, Hirokazu
作成者
田崎, 里実||タサキ, サトミ||Tasaki, Satomi
作成者
石澤, 祐介||イシザワ, ユウスケ||Ishizawa, Yusuke
作成者
白子, 智康||シラコ, トモヤス||Shirako, Tomoyasu
作成者
上野, 薫||ウエノ, カオル||Ueno, Kaoru
作成者
南, 基泰||ミナミ, モトヤス||Minami, Motoyasu
作成者
橋本, 良樹||ハシモト, ヨシキ||Hashimoto, Yoshiki
公開者
中部大学生物機能開発研究所
書誌構造リンク
ISSN
13464205
雑誌名
生物機能開発研究所紀要
巻次等
13
開始終了ページ
85-107
発行日
2013.03
主題
Camera trap, Green belt, Biodiversity, Nyctereutes procyonoides, Lepus brachyurus, Idemitsu Kosan Co.,Ltd.
内容記述
2011年12月から2013年1月まで出光興産(株)愛知製油所のグリーンベルト(28ha)において,哺乳類相の生息調査を行った.小型哺乳類については,グリーンベルト内に9調査区を設けて,各調査区共に生け捕り罠であるシャーマントラップを10 台ずつ(のべ360 トラップ)設置し,捕獲調査をした.その結果,ネズミ科2種(アカネズミApodemus speciosus:8個体, ハツカネズミMusmusculus:1個体)とトガリネズミ科1種(ニホンジネズミCrocidura dsinezumi:1個体)が捕獲され,特に8個体捕獲されたアカネズミについてはミトコンドリアDNA のD-loop領域を用いて遺伝的多様性評価を行った.その結果,PCR増幅された299bpに8ヶ所の塩基置換が認められ,3ハプロタイプが決定できた.またアカネズミのグリーンベルト内での餌資源を評価するために,糞中植物残渣から葉緑体DNAのrbcL領域をPCR増幅し,塩基配列を決定した.BLAST検索の結果,アケビAkebia quinata,クスノキCinnamomum camphora,トキワサンザシPyracantha coccinea,フラサバソウVeronica hederifolia と カキノキ属Diospyros sp.の4種及び1属が餌資源として推定された.このことからDNAバーコーディング法はアカネズミの糞中植物種推定に有効であることが示唆された.中型哺乳類については,グリーンベルト内に合計14 台の自動撮影カメラを設置し,カメラトラップ法を用いて生息確認をした.累計カメラ稼働日数4,750日の内,有効撮影枚数は3,853枚となった.その結果,中型哺乳類4種(タヌキNyctereutes procyonoides,ニホンノウサギLepus brachyurus,イエネコFelis catus,ハクビシンPaguma larvata)と1属(イタチ属Mustela sp.)が撮影された.最も多く撮影されたのはタヌキ(有効撮影枚数:18.5枚/のべ100日間)で,次にニホンノウサギ(7.6)となり,これら2種は樹林エッジもしくは草地植生で多く撮影された.企業活動と野生動物の活動は同じ地点で確認されたが,活動時間において企業活動は日中,野生生物の活動は夜間(PM6:00~AM6:00)とすみわけが起きていることが明らかとなった.これらの結果から本調査法は企業緑地の哺乳類相評価及びグリーンベルト内での野生動物の管理に有効な手法であることが示唆された.
内容記述
A preliminary field survey of mammal fauna at the green belt ( 28 ha) in Aichi Refinery of Idemitsu Kosan Co., Ltd., Aichi Prefecture, Japan was conducted from December, 2011 to January, 2013. For capture of small-size mammal species, nine trapping stations were established and ten Sherman live traps were set up at each station in the green belt, totaling 360 traps for entire survey. By this trapping method, two Muridae (eight Apodemus speciosus and one Mus musculus) and one Soricidae (one Crocidura dsinezumi) were captured and identified. Specifically, eight A. speciosus were assayed the genetic diversity of populations based on sequence variation in the mitochondrial D-loop region. Of the 3 haplotypes identified from the 299 mitochondrial D-loops sequenced, 8 sites consisted of base substitutions. In order to estimate plant food resources available to A. speciosus within this green belt, chloroplastic rbcL within extracted feces contents were amplified by PCR. Homology search using BLAST indicated that genetic material from four species and one genus, Akebia quinata, Cinnamomum camphora, Pyracantha coccinea, Veronica hederifolia and Diospyros sp. were present. DNA barcoding methods were able to provide valuable information that assisted in the identification of plant food resources in A. speciosus. For confirmation of medium-size mammal habitation, we set up a total of 14 automatic digital cameras in this green belt. In 4,750 camera days, we obtained the 3,853 effective photographs. At the result, four species (Nyctereutes procyonoides, Lepus brachyurus, Felis catus and Paguma larvata) and one genus (Mustela sp.) have been photo-captured. The most frequently photographed was Nyctereutes procyonoides (Relative abundance index: 18.5 photographs / 100 camera-days) and followed by Lepus brachyurus (7.6). These two species showed the frequent photography in the edge of forest and glass land. The work activity by the company and the wild animal activity were same sites, but temporal living apart of both activities were happened; the work activities concentrated at noon whereas the animal activities were night (PM6:00 to AM6:00). The methodology used in the present survey could be applied to the evaluation of mammal fauna and management of mammal conservation within green belt environments.
登録日
2014.02.26
資源タイプ
調査報告
資料種別(NIIタイプ)
Departmental Bulletin Paper
フォーマット
PDFファイル
著者版フラグ
publisher
機関名
中部大学
外部リンク
360LinkはSerials Solutionsのリンクリゾルバーサービスです。 CiNiiは国立情報学研究所が行っている学術論文の検索サービスです。 CiNiiは国立情報学研究所が行っている大学図書館の検索サービスです。 NDL Search
レビュー
Navigation Guide


mark
ブックマーク(BM)機能
追加ボタンを押すとブックマークを追加します
add bookmark  
Navigation Guide
mark
マイフォルダ機能
書誌情報をマイフォルダへ登録できます。
登録ボタンを押すと現在表示している書誌をマイフォルダへ登録します。
add  
Navigation Guide
mark
ファイルに保存
現在、表示している情報をファイルに保存します。
ファイルのエンコードを選択し、保存ボタンを押してください。
エンコード :

download  
Navigation Guide

Copyright (C) 中部大学附属三浦記念図書館 2013 All Right Reserved.