logo
iLiswave
home language
markメニュー
mark 総合案内
mark コンテンツ一覧
  
mark バックナンバー
  
mark 関連情報
mark利用者サービス
     ブックマーク
     検索履歴
     レビュー履歴


JAIRO/学術機関リポジトリポータル
CiNii/NII論文情報ナビゲータ
中部大学附属三浦記念図書館
中部大学
mark書誌詳細 print back bookmark history help
mark 論文情報  <XC13000224> Detail Navigation Guide

sltfunc
 小形アンテナを用いた電磁界共振結合によるワイヤレス電力伝送技術の実用的研究
  常川, 光一, 2013.03. -- (情報科学リサーチジャーナル ; Vol. 20 (2013.3)). w.  <XC13000224>
この書誌へのURL: COPY URL
Write Review
mark
mark 詳細  
書誌
タイトル
小形アンテナを用いた電磁界共振結合によるワイヤレス電力伝送技術の実用的研究
タイトル(その他)
コガタ アンテナ オ モチイタ デンジカイ キョウシン ケツゴウ ニヨル ワイヤレス デンリョク デンソウ ギジュツ ノ ジツヨウテキ ケンキュウ
タイトル(その他)
A Feasibility Study of Wireless Power Transmission Techniques using Electromagnetic Mutual Coupling between Small Antennas
作成者
常川, 光一||ツネカワ, コウイチ||Tsunekawa, Koichi
公開者
中部大学情報科学研究所
書誌構造リンク
ISSN
13402935
雑誌名
情報科学リサーチジャーナル
巻次等
20
開始終了ページ
53-64
発行日
2013.03
主題
小型アンテナ, ワイヤレス電力伝送, 電磁界結合, アクティブアンテナ
内容記述
ワイヤレス電力伝送について実用化を目指し,小形アンテナ間の相互結合による技術を検討した.特に近年は伝送効率の面から電磁界共振結合形が注目されており,本技術を基本としてⅰ)「屋内ユビキタスシステム(前プロジェクト)」で提案した小形スパイラルアンテナを用いた場合の検討,ⅱ)小形アンテナを回路素子と見なして発振回路を構成(アクティブアンテナ化)し,相互インピーダンスを適宜補償する効率改善法の検討,およびⅲ)電界結合の平板アンテナにより独立した2つの伝送路(線路)を構成した場合の高効率化検討を行った.
登録日
2014.03.31
資源タイプ
論文
資料種別(NIIタイプ)
Departmental Bulletin Paper
フォーマット
PDFファイル
著者版フラグ
author
機関名
中部大学
外部リンク
360LinkはSerials Solutionsのリンクリゾルバーサービスです。 CiNiiは国立情報学研究所が行っている学術論文の検索サービスです。 CiNiiは国立情報学研究所が行っている大学図書館の検索サービスです。 NDL Search
レビュー
Navigation Guide


mark
ブックマーク(BM)機能
追加ボタンを押すとブックマークを追加します
add bookmark  
Navigation Guide
mark
マイフォルダ機能
書誌情報をマイフォルダへ登録できます。
登録ボタンを押すと現在表示している書誌をマイフォルダへ登録します。
add  
Navigation Guide
mark
ファイルに保存
現在、表示している情報をファイルに保存します。
ファイルのエンコードを選択し、保存ボタンを押してください。
エンコード :

download  
Navigation Guide

Copyright (C) 中部大学附属三浦記念図書館 2013 All Right Reserved.