logo
iLiswave
home language
markメニュー
mark 総合案内
mark コンテンツ一覧
  
mark バックナンバー
  
mark 関連情報
mark利用者サービス
     ブックマーク
     検索履歴
     レビュー履歴


JAIRO/学術機関リポジトリポータル
CiNii/NII論文情報ナビゲータ
中部大学附属三浦記念図書館
中部大学
mark書誌詳細 print back bookmark history help
mark 論文情報  <XC14000109> Detail Navigation Guide

sltfunc
 1930年代における郷土科カリキュラム構成原理に関する研究 - 刈谷町立亀城尋常高等小学校における郷土科カリキュラムの事例を中心に -
  深谷, 圭助, 2015.03. -- (現代教育学部紀要 ; Vol. 7 (2015.3)). w.  <XC14000109>
この書誌へのURL: COPY URL
Write Review
mark
mark 詳細  
書誌
タイトル
1930年代における郷土科カリキュラム構成原理に関する研究 - 刈谷町立亀城尋常高等小学校における郷土科カリキュラムの事例を中心に -
タイトル(その他)
1930 ネンダイ ニオケル キョウドカ カリキュラム コウセイ ゲンリ ニ カンスル ケンキュウ カリヤ チョウリツ キジョウ ジンジョウ コウトウ ショウガッコウ ニオケル キョウドカ カリキュラム ノ ジレイ オ チュウシン ニ
タイトル(その他)
The Principle of the Curriculum Composition to Teach Local Education Movement in 1930's - A Case of the Curriculum at Kijo Elementary School in Japan -
作成者
深谷, 圭助||フカヤ, ケイスケ||Fukaya, Keisuke
公開者
中部大学現代教育学部
書誌構造リンク
ISSN
18833802
雑誌名
現代教育学部紀要
巻次等
7
開始終了ページ
35-43
発行日
2015.03
主題
郷土教育運動, 郷土科カリキュラム, 郷土読本
内容記述
本稿は、1930年代、我が国における郷土教育運動における教育内容構成原理を、刈谷町立亀城尋常高等小学校における郷土科カリキュラムを分析することによって明らかにすることを目的とするものである。郷土教育運動は、郷土愛や愛国心を高め、ナショナリズムの機運を助長したものとして捉えられていた。その一方で、郷土教育で展開される、児童にとって身近な郷土について主体的な調査や探究学習が、知識偏重・画一打破と教育の実際化、地方化を実現すると捉えられていた。そのため、大正自由教育で活躍した自由教育の「旗手」たちが、積極的にこの運動に関わっていた。また、郷土科教育カリキュラムには当該校区は抱える問題が色濃く反映されており、そのカリキュラムは複雑な様相を呈していた。亀城尋常高等小学校の郷土科カリキュラムを分析することで、次の3つの郷土科教育内容構成原理が明らかになった。(1)郷土科カリキュラムの「理低文社高」の内容配列上の特色、(2)上級学校進学に関するカリキュラム内容、(3)ナショナリズムに即したカリキュラム内容解釈。
登録日
2015.03.06
資源タイプ
資料
資料種別(NIIタイプ)
Departmental Bulletin Paper
フォーマット
PDFファイル
著者版フラグ
publisher
機関名
中部大学
外部リンク
360LinkはSerials Solutionsのリンクリゾルバーサービスです。 CiNiiは国立情報学研究所が行っている学術論文の検索サービスです。 CiNiiは国立情報学研究所が行っている大学図書館の検索サービスです。 NDL Search
レビュー
Navigation Guide


mark
ブックマーク(BM)機能
追加ボタンを押すとブックマークを追加します
add bookmark  
Navigation Guide
mark
マイフォルダ機能
書誌情報をマイフォルダへ登録できます。
登録ボタンを押すと現在表示している書誌をマイフォルダへ登録します。
add  
Navigation Guide
mark
ファイルに保存
現在、表示している情報をファイルに保存します。
ファイルのエンコードを選択し、保存ボタンを押してください。
エンコード :

download  
Navigation Guide

Copyright (C) 中部大学附属三浦記念図書館 2013 All Right Reserved.