logo
iLiswave
home language
markメニュー
mark 総合案内
mark コンテンツ一覧
  
mark バックナンバー
  
mark 関連情報
mark利用者サービス
     ブックマーク
     検索履歴
     レビュー履歴


JAIRO/学術機関リポジトリポータル
CiNii/NII論文情報ナビゲータ
中部大学附属三浦記念図書館
中部大学
mark書誌詳細 print back bookmark history help
mark 論文情報  <XC15000114> Detail Navigation Guide

sltfunc
 液状化後の剛性回復に着目した河川堤防の変形解析
  余川, 弘至; 杉井, 俊夫; 八嶋, 厚, 2015.03. -- (中部大学工学部紀要 ; 50巻 (2015.3)). w.  <XC15000114>
この書誌へのURL: COPY URL
Write Review
mark
mark 詳細  
書誌
タイトル
液状化後の剛性回復に着目した河川堤防の変形解析
タイトル(その他)
エキジョウカゴ ノ ゴウセイ カイフク ニ チャクモクシタ カセン テイボウ ノ ヘンケイ カイセキ
タイトル(その他)
Deformation analysis of river dikes with focus on past-liquefaction ground stiffness recovery
作成者
余川, 弘至||ヨカワ, ヒロシ||Yokawa, Hiroshi
作成者
杉井, 俊夫||スギイ, トシオ||Sugii, Toshio
作成者
八嶋, 厚||ヤシマ, アツシ||Yashima, Atsushi
公開者
中部大学工学部
書誌構造リンク
ISSN
21877408
雑誌名
中部大学工学部紀要
巻次等
50
開始終了ページ
2-11
発行日
2015.03
主題
解析(analysis), 河川堤防(river dike), 液状化(liquefaction), 剛性(stiffness)
内容記述
Damage to residential buildings, including settlement and tilting, was reported as a result of the 2011 off the Pacific coast of Tohoku Earthquake. Such damage is thought to arise from loss of soil stiffness due to soil liquefaction that occurs during an earthquake. However, in the case of river dikes, in addition to such liquefaction, it is necessary to consider consolidation settlement associated with the dissipation of excess pore pressure in the soil after the earthquake. Therefore, this research examined ways to adequately evaluate soil settlement associated with post-liquefaction stiffness recovery. The results indicated the possibility of reproducing, to a certain extent, soil stiffness recovery and early dissipation of excess pore pressure after the end of seismic motion by introducing soil stiffness parameters. It was confirmed that the ground surface settlement and extent of actual damage obtained in model tests could be largely reproduced by setting appropriate pore pressure ratio parameters.
内容記述
本研究では、液状化後の過剰間隙水圧の消散に伴う地盤の沈下量を適切に評価できるよう検討した2次元有効応力解析プログラムLIQCAを用いて、振動台実験装置による模型液状化実験の再現解析を実施した。さらに、2004年の新潟県中越地震で被害を受けた信濃川中流域の河川堤防を対象とした被害事例の再現を試みた。
登録日
2016.02.10
資源タイプ
招待論文
資料種別(NIIタイプ)
Departmental Bulletin Paper
フォーマット
PDFファイル
著者版フラグ
publisher
機関名
中部大学
外部リンク
360LinkはSerials Solutionsのリンクリゾルバーサービスです。 CiNiiは国立情報学研究所が行っている学術論文の検索サービスです。 CiNiiは国立情報学研究所が行っている大学図書館の検索サービスです。 NDL Search
レビュー
Navigation Guide


mark
ブックマーク(BM)機能
追加ボタンを押すとブックマークを追加します
add bookmark  
Navigation Guide
mark
マイフォルダ機能
書誌情報をマイフォルダへ登録できます。
登録ボタンを押すと現在表示している書誌をマイフォルダへ登録します。
add  
Navigation Guide
mark
ファイルに保存
現在、表示している情報をファイルに保存します。
ファイルのエンコードを選択し、保存ボタンを押してください。
エンコード :

download  
Navigation Guide

Copyright (C) 中部大学附属三浦記念図書館 2013 All Right Reserved.