logo
iLiswave
home language
markメニュー
mark 総合案内
mark コンテンツ一覧
  
mark バックナンバー
  
mark 関連情報
mark利用者サービス
     ブックマーク
     検索履歴
     レビュー履歴


JAIRO/学術機関リポジトリポータル
CiNii/NII論文情報ナビゲータ
中部大学附属三浦記念図書館
中部大学
mark書誌詳細 print back bookmark history help
mark 論文情報  <XC15000117> Detail Navigation Guide

sltfunc
 クライアントサーバシステムにおける物体認識のための非対称特徴表現
  山内, 悠嗣; 安倍, 満; 佐藤, 育郎; 吉田, 悠一; 山下, 隆義; 藤吉, 弘亘, 2015.03. -- (中部大学工学部紀要 ; 50巻 (2015.3)). w.  <XC15000117>
この書誌へのURL: COPY URL
Write Review
mark
mark 詳細  
書誌
タイトル
クライアントサーバシステムにおける物体認識のための非対称特徴表現
タイトル(その他)
クライアント サーバ システム ニオケル ブッタイ ニンシキ ノ タメ ノ ヒタイショウ トクチョウ ヒョウゲン
タイトル(その他)
Asymmetric Feature Representation Based Keypoint Matching for Client Server Systems
作成者
山内, 悠嗣||ヤマウチ, ユウジ||Yamauchi, Yuji
作成者
安倍, 満||アンバイ, ミツル||Ambai, Mitsuru
作成者
佐藤, 育郎||サトウ, イクロウ||Sato, Ikuro
作成者
吉田, 悠一||ヨシダ, ユウイチ||Yoshida, Yuichi
作成者
山下, 隆義||ヤマシタ, タカヨシ||Yamashita, Takayoshi
作成者
藤吉, 弘亘||フジヨシ, ヒロノブ||Fujiyoshi, Hironobu
公開者
中部大学工学部
書誌構造リンク
ISSN
21877408
雑誌名
中部大学工学部紀要
巻次等
50
開始終了ページ
30-39
発行日
2015.03
主題
Asymmetric feature representation, Binary hashing, Object recognition, Client Server system
内容記述
This paper proposes asymmetric feature representation and efficient fitting feature spaces for object recognition in client server systems. We focus on the fact that the server-side has more sufficient memory and computation power compared to the client-side. Although local descriptors must be compressed on the client-side due to the narrow bandwidth of the Internet, feature vector compression on the server-side is not always necessary. Therefore, we propose asymmetric feature representation for descriptor matching. Our method is characterized by the following three factors. The first is asymmetric feature representation between the client- and server-side. Although the binary hashing function causes quantization errors due to the computation of the sign function, which binarizes a real value into {1, -1}, such errors only occur on the client-side. As a result, performance degradation is suppressed while the volume of data traffic is reduced. The second is scale optimization to fit two different feature spaces. The third is fast implementation of distance computation based on real-vector decomposition. We can compute efficiently the squared Euclidean distance between the binary code and the real vector. Experimental results revealed that the proposed method helps reduce data traffic while maintaining the object retrieval performance of a client server system.
登録日
2016.02.10
資源タイプ
招待論文
資料種別(NIIタイプ)
Departmental Bulletin Paper
フォーマット
PDFファイル
著者版フラグ
publisher
機関名
中部大学
外部リンク
360LinkはSerials Solutionsのリンクリゾルバーサービスです。 CiNiiは国立情報学研究所が行っている学術論文の検索サービスです。 CiNiiは国立情報学研究所が行っている大学図書館の検索サービスです。 NDL Search
レビュー
Navigation Guide


mark
ブックマーク(BM)機能
追加ボタンを押すとブックマークを追加します
add bookmark  
Navigation Guide
mark
マイフォルダ機能
書誌情報をマイフォルダへ登録できます。
登録ボタンを押すと現在表示している書誌をマイフォルダへ登録します。
add  
Navigation Guide
mark
ファイルに保存
現在、表示している情報をファイルに保存します。
ファイルのエンコードを選択し、保存ボタンを押してください。
エンコード :

download  
Navigation Guide

Copyright (C) 中部大学附属三浦記念図書館 2013 All Right Reserved.