logo
iLiswave
home language
markメニュー
mark 総合案内
mark コンテンツ一覧
  
mark バックナンバー
  
mark 関連情報
mark利用者サービス
     ブックマーク
     検索履歴
     レビュー履歴


JAIRO/学術機関リポジトリポータル
CiNii/NII論文情報ナビゲータ
中部大学附属三浦記念図書館
中部大学
mark書誌詳細 print back bookmark history help
mark 論文情報  <XC15000143> Detail Navigation Guide

sltfunc
 テンソル解析を用いた回転機の各種特性算定例
  中村, 雅憲; 廣塚, 功; 坪井, 和男, 2016.03. -- (中部大学工学部紀要 ; 51巻 (2016.3)). w.  <XC15000143>
この書誌へのURL: COPY URL
Write Review
mark
mark 詳細  
書誌
タイトル
テンソル解析を用いた回転機の各種特性算定例
タイトル(その他)
テンソル カイセキ オ モチイタ カイテンキ ノ カクシュ トクセイ サンテイレイ
タイトル(その他)
Calculations for various rotating machine characteristic using tensor analysis
作成者
中村, 雅憲||ナカムラ, マサノリ||Nakamura, Masanori
作成者
廣塚, 功||ヒロツカ, イサオ||Hirotsuka, Isao
作成者
坪井, 和男||ツボイ, カズオ||Tsuboi, Kazuo
公開者
中部大学工学部
書誌構造リンク
ISSN
21877408
XISSN
09108629
雑誌名
中部大学工学部紀要
巻次等
51
開始終了ページ
1-10
発行日
2016.03
主題
Tensor Analysis, Synchronous Machine, Induction Machine, Characteristics
内容記述
The origin of tensor analysis started with Dr. Kron of GE (General Electric), who began writing a series in the “General Electric Review" in April 1935 that continued until 1938. Meanwhile at Chubu University, the late Emeritus Professor of Electrical Engineering, Kunihiro Kato, presented a number of in-depth papers on tensor analysis and related topics. Building from these papers, we are working to develop a consistent means of theoretical analysis for synchronous, induction, and permanent magnet synchronous machines based on tensor methodology, while further carrying out related characteristic calculations. Such theoretical analysis is unique in that not only is the derived torque component valid without variation over time, but vibration components and frequencies which vary over time can be calculated as well. This methodology has an important role in the analysis of rotating machine characteristics. The desire for rotating machines with low vibration and noise levels means vibrating torque component analysis is important, as is finding a way to lessen the aforementioned levels. We expect to sere such improvements and further believe they will lead to improved performance of rotating machines. In this paper, we give an example of tensor analysis for synchronous and induction machines, introducing the analysis procedure and its features.
登録日
2016.03.28
資源タイプ
紀要論文
資料種別(NIIタイプ)
Departmental Bulletin Paper
フォーマット
PDFファイル
著者版フラグ
publisher
機関名
中部大学
外部リンク
360LinkはSerials Solutionsのリンクリゾルバーサービスです。 CiNiiは国立情報学研究所が行っている学術論文の検索サービスです。 CiNiiは国立情報学研究所が行っている大学図書館の検索サービスです。 NDL Search
レビュー
Navigation Guide


mark
ブックマーク(BM)機能
追加ボタンを押すとブックマークを追加します
add bookmark  
Navigation Guide
mark
マイフォルダ機能
書誌情報をマイフォルダへ登録できます。
登録ボタンを押すと現在表示している書誌をマイフォルダへ登録します。
add  
Navigation Guide
mark
ファイルに保存
現在、表示している情報をファイルに保存します。
ファイルのエンコードを選択し、保存ボタンを押してください。
エンコード :

download  
Navigation Guide

Copyright (C) 中部大学附属三浦記念図書館 2013 All Right Reserved.