logo
iLiswave
home language
markメニュー
mark 総合案内
mark コンテンツ一覧
  
mark バックナンバー
  
mark 関連情報
mark利用者サービス
     ブックマーク
     検索履歴
     レビュー履歴


JAIRO/学術機関リポジトリポータル
CiNii/NII論文情報ナビゲータ
中部大学附属三浦記念図書館
中部大学
mark書誌詳細 print back bookmark history help
mark 論文情報  <XC15000155> Detail Navigation Guide

sltfunc
 シアロ糖鎖修飾による数層グラフェンインフルエンザバイオセンサーの研究開発
  河原, 敏男; 玉田, 敦子; 中北, 愼一, 2016.03. -- (総合工学 ; 28巻 (2016.3)). w.  <XC15000155>
この書誌へのURL: COPY URL
Write Review
mark
mark 詳細  
書誌
タイトル
シアロ糖鎖修飾による数層グラフェンインフルエンザバイオセンサーの研究開発
タイトル(その他)
シアロトウサ シュウショク ニヨル スウソウ グラフェン インフルエンザ バイオセンサー ノ ケンキュウ カイハツ
タイトル(その他)
Developments of Sugar Chain Modified Nano-carbon Field Effect Transistors for the Influenza Bio Sensor
作成者
河原, 敏男||カワハラ, トシオ||Kawahara, Toshio
作成者
玉田, 敦子||タマダ, アツコ||Tamada, Atsuko
作成者
中北, 愼一||ナカキタ, シンイチ||Nakakita, Shinichi
公開者
中部大学総合工学研究所
書誌構造リンク
ISSN
09153292
雑誌名
総合工学
巻次等
28
開始終了ページ
22-29
発行日
2016.03
主題
Graphene process, Self-alignment, Raman spectra, Sugar chain, Field effect transistor
内容記述
Nano-carbon materials have highly potential for advanced devices because of the many superior properties such as high mobility, high strength and so forth. For nano devices, we can easily fabricate field effect transistors (FETs) with nano-carbon channels. Using FETs, high performance sensors, noise enhanced nonlinear devices has been developed. We have developed several processes to fabricate the field effect transistors for the bio-sensor. One is the self-alignment process using grapho-epitaxy for the nano-carbon channels. Second is the deposition process for the binding molecules for the specific molecules such as avian influenza viruses and human-type ones. In this paper, we have deposited carbon materials by chemical vapor deposition and fabricated FETs using self-alignment process. We discuss about the deposition temperature dependence using the Raman spectroscopy and the measurements of electronic properties such as the drain-source current (IDS). The grapho-epitaxy can enhance the graphene layers growth and also induce the defects caused by the strain in the carbon nanowalls (CNWs). The scattering at the grain boundary could be dominant for the electric properties of CNW-FET. Then we will show the noise spectral analysis. The CNW-FET shows 1/f-type noise in a drain-source current. There are two noise resources in the CNW channels. One relates to environmental noise such as molecular adsorption with large surface area, and the second relates to grain boundary scattering. Higher growth temperatures enlarge the grain size in CNWs, and this results in a decrease in carrier scattering at the grain boundary. In this case, the noise derived from the grain boundary might be small and the total 1/f noise becomes small. On the other hand, influenza virus can detect the structure of the ganglioside to infect the specific host. We will use the glycan as the detection molecules in the bio-sensor. However, for the electronic detection, the size of molecules should be small because of the Debye screening. We have tried to estimate the size of sialyllactose.
登録日
2016.03.31
資源タイプ
論文
資料種別(NIIタイプ)
Departmental Bulletin Paper
フォーマット
PDFファイル
著者版フラグ
publisher
機関名
中部大学
外部リンク
360LinkはSerials Solutionsのリンクリゾルバーサービスです。 CiNiiは国立情報学研究所が行っている学術論文の検索サービスです。 CiNiiは国立情報学研究所が行っている大学図書館の検索サービスです。 NDL Search
レビュー
Navigation Guide


mark
ブックマーク(BM)機能
追加ボタンを押すとブックマークを追加します
add bookmark  
Navigation Guide
mark
マイフォルダ機能
書誌情報をマイフォルダへ登録できます。
登録ボタンを押すと現在表示している書誌をマイフォルダへ登録します。
add  
Navigation Guide
mark
ファイルに保存
現在、表示している情報をファイルに保存します。
ファイルのエンコードを選択し、保存ボタンを押してください。
エンコード :

download  
Navigation Guide

Copyright (C) 中部大学附属三浦記念図書館 2013 All Right Reserved.