logo
iLiswave
home language
markメニュー
mark 総合案内
mark コンテンツ一覧
  
mark バックナンバー
  
mark 関連情報
mark利用者サービス
     ブックマーク
     検索履歴
     レビュー履歴


JAIRO/学術機関リポジトリポータル
CiNii/NII論文情報ナビゲータ
中部大学附属三浦記念図書館
中部大学
mark書誌詳細 print back bookmark history help
mark 論文情報  <XC16000020> Detail Navigation Guide

sltfunc
 3-hydroxy-3-methylglutaryl CoA lyase(HMGCL)遺伝子における新たな遺伝子診断法
  青山, 友佳, 2016.03. -- (中部大学生命健康科学研究所紀要 ; Vol. 12 (2015)). w.  <XC16000020>
この書誌へのURL: COPY URL
Write Review
mark
mark 詳細  
書誌
タイトル
3-hydroxy-3-methylglutaryl CoA lyase(HMGCL)遺伝子における新たな遺伝子診断法
タイトル(その他)
3-hydroxy-3-methylglutaryl CoA lyase (HMGCL) イデンシ ニオケル アラタナ イデンシ シンダンホウ
タイトル(その他)
A new genetic diagnosis method for 3-hydroxy-3-methylglutaryl CoA lyase gene
作成者
青山, 友佳||アオヤマ, ユカ||Aoyama, Yuka
公開者
中部大学生命健康科学研究所
書誌構造リンク
ISSN
18803040
雑誌名
生命健康科学研究所紀要
巻次等
12
開始終了ページ
87-91
発行日
2016.03
主題
HMG-CoA lyase, Alu element, Multiplex ligation-dependent probe amplification
内容記述
3-hydroxy-3-methylglutaryl CoA(HMG-CoA)lyase欠損症はタンデムマスによる新たな新生児マススクリーニングの一次対象疾患であり、早期診断により重篤な低血糖発作を防ぎ予後を改善することが期待できる疾患である。スクリーニングで陽性となった場合、確定診断には遺伝子診断が有用であるが、症例の中には通常のゲノムレベルでの遺伝子解析にて変異が同定できない症例も存在する。そのような場合、エクソンを含む大きな欠失や重複の可能性が考えられ、特にその変異がヘテロ接合での欠失や重複であると通常の遺伝子解析では同定が困難となる。遺伝子診断の分野では、そのような変異を明らかにするための正確かつ迅速な遺伝子診断法が求められていることから、我々は、疾患原因遺伝子HMGCLへのMultiplex ligation-dependent probe amplification (MLPA)法を用いた新たな遺伝子診断法を確立し、その解析にて疾患に関わる遺伝子変異を明らかにしてきた。
登録日
2016.04.06
資源タイプ
研究報告
資料種別(NIIタイプ)
Departmental Bulletin Paper
フォーマット
PDFファイル
著者版フラグ
publisher
機関名
中部大学
外部リンク
360LinkはSerials Solutionsのリンクリゾルバーサービスです。 CiNiiは国立情報学研究所が行っている学術論文の検索サービスです。 CiNiiは国立情報学研究所が行っている大学図書館の検索サービスです。 NDL Search
レビュー
Navigation Guide


mark
ブックマーク(BM)機能
追加ボタンを押すとブックマークを追加します
add bookmark  
Navigation Guide
mark
マイフォルダ機能
書誌情報をマイフォルダへ登録できます。
登録ボタンを押すと現在表示している書誌をマイフォルダへ登録します。
add  
Navigation Guide
mark
ファイルに保存
現在、表示している情報をファイルに保存します。
ファイルのエンコードを選択し、保存ボタンを押してください。
エンコード :

download  
Navigation Guide

Copyright (C) 中部大学附属三浦記念図書館 2013 All Right Reserved.