logo
iLiswave
home language
markメニュー
mark 総合案内
mark コンテンツ一覧
  
mark バックナンバー
  
mark 関連情報
mark利用者サービス
     ブックマーク
     検索履歴
     レビュー履歴


JAIRO/学術機関リポジトリポータル
CiNii/NII論文情報ナビゲータ
中部大学附属三浦記念図書館
中部大学
mark書誌詳細 print back bookmark history help
mark 論文情報  <XC16000045> Detail Navigation Guide

sltfunc
 教育実践における教育学の意味と役割 - 教師の専門性の共通理解に向けて -
  宮腰, 誠; 竹川, 慎哉, 2009.03. -- (現代教育学研究紀要 ; Vol. 2 (2009.3)). w.  <XC16000045>
この書誌へのURL: COPY URL
Write Review
mark 詳細  
書誌
タイトル
教育実践における教育学の意味と役割 - 教師の専門性の共通理解に向けて -
タイトル(その他)
キョウイク ジッセン ニオケル キョウイクガク ノ イミ ト ヤクワリ キョウシ ノ センモンセイ ノ キョウツウ リカイ ニ ムケテ
タイトル(その他)
A Study on the Significance and Roles of Pedagogy in Teaching Practice - for a Common Understanding on Professional Standards of Teachers -
作成者
宮腰, 誠||ミヤコシ, マコト||Miyakoshi, Makoto
作成者
竹川, 慎哉||タケカワ, シンヤ||Takekawa, Shinya
公開者
中部大学現代教育学研究所
書誌構造リンク
ISSN
18827098
雑誌名
現代教育学研究紀要
巻次等
2
開始終了ページ
23-33
発行日
2009.03
内容記述
「実践的指導力」という言葉が、教員養成ならびに現職教育において頻繁に使用されている。その際、実践と対極にあると考えられる理論は、教師の専門性においてどのような位置にあるのか? 本稿は、こうした関心に基づき、教育学が教師の実践に対してどのように積極的な意義を持ちうるのかについて原理的に考察した。まず、近年の教師に関わる教育政策動向について整理した。次いで、理論と実践の関係を原理的に考察した後、教育実践の立場から教育学が実践に対して持つ諸問題と意義を検討した。そこでは、教育理論と教育実践の分離、そして教育学と教育科学の分離という構造をつくり出している要因を明らかにした。そして、最後に、そうした構図を転換していく方向性として、個々の教室の多層的な文脈の中で教えと学びのプロセスを対象化する教育学(ペダゴジー)を反省的研究者としての大学人と実践的研究者としての教師が共同探究することの重要性を指摘した。
内容記述
In the recent context in Japanese education, there have been an important keyword to see on the policy documents of teacher training- "practical skills". At the same time, however, we have to pay attention to educational theory, which is considered as a counter concept to educational practice, and its mutual relationships. In this paper, we focus and discuss how theory can take a positive role for teachers in their classroom. Firstly, we reviewed the recent trends in educational policies of teacher training. Secondly, the relationship between theory and practice was discussed, and thirdly, the significance and some problems of pedagogy were argued from the viewpoint of classroom teacher. In that discussion, we analyzed some factors constructing the dominant framework of split between educational theory and practice, pedagogy and educational science. Lastly, in order to reconstruct such a division, we proposed that academics as a reflective researcher and teacher as a practical researcher have to develop collaboratively a new framework of pedagogy in which they reflect their teaching and learning in the multi-layered context of individual classroom.
登録日
2016.05.10
資源タイプ
原著
資料種別(NIIタイプ)
Departmental Bulletin Paper
フォーマット
PDFファイル
著者版フラグ
publisher
機関名
中部大学
外部リンク
360LinkはSerials Solutionsのリンクリゾルバーサービスです。 CiNiiは国立情報学研究所が行っている学術論文の検索サービスです。 CiNiiは国立情報学研究所が行っている大学図書館の検索サービスです。 NDL Search
レビュー
Navigation Guide


mark
ブックマーク(BM)機能
追加ボタンを押すとブックマークを追加します
add bookmark  
Navigation Guide
mark
マイフォルダ機能
書誌情報をマイフォルダへ登録できます。
登録ボタンを押すと現在表示している書誌をマイフォルダへ登録します。
add  
Navigation Guide
mark
ファイルに保存
現在、表示している情報をファイルに保存します。
ファイルのエンコードを選択し、保存ボタンを押してください。
エンコード :

download  
Navigation Guide

Copyright (C) 中部大学附属三浦記念図書館 2013 All Right Reserved.