logo
iLiswave
home language
markメニュー
mark 総合案内
mark コンテンツ一覧
  
mark バックナンバー
  
mark 関連情報
mark利用者サービス
     ブックマーク
     検索履歴
     レビュー履歴


JAIRO/学術機関リポジトリポータル
CiNii/NII論文情報ナビゲータ
中部大学附属三浦記念図書館
中部大学
mark書誌詳細 print back bookmark history help
mark 論文情報  <XC16000047> Detail Navigation Guide

sltfunc
 通常学級におけるアスペルガー症候群の児童に対する有効な支援とは何か
  小林, 美雪; 今川, 峰子, 2009.03. -- (現代教育学研究紀要 ; Vol. 2 (2009.3)). w.  <XC16000047>
この書誌へのURL: COPY URL
Write Review
mark 詳細  
書誌
タイトル
通常学級におけるアスペルガー症候群の児童に対する有効な支援とは何か
タイトル(その他)
ツウジョウ ガッキュウ ニオケル アスペルガー ショウコウグン ノ ジドウ ニ タイスル ユウコウナ シエン トワ ナニカ
タイトル(その他)
What is a Good Support of the Classroom Teacher for the Child who has Asperger's Syndrome
作成者
小林, 美雪||コバヤシ, ミユキ||Kobayashi, Miyuki
作成者
今川, 峰子||イマガワ, ミネコ||Imagawa, Mineko
公開者
中部大学現代教育学研究所
書誌構造リンク
ISSN
18827098
雑誌名
現代教育学研究紀要
巻次等
2
開始終了ページ
41-52
発行日
2009.03
主題
アスペルガー症候群(Asperger's syndrome), 支援(support), 担任(classroom teacher)
内容記述
通常学級でアスペルガー症候群の児童を担任として受け持つ時,有効な支援の方法は何かを探るために実施した研究である.医療機関でアスペルガー症候群と診断された小学2年生のA児と小学1年生のB児を対象とした.A児については観察・記録を77時間,B児については63時間にわたって実施し,文脈的理解を深め,その上でVTRによる録画(ICレコーダーを併用)を行った.本研究で分析したのはVTRによる録画部分である.その結果, A児・B児のVTRから,1)教科により授業態度が異なっていた.特に,道徳・体操・音楽・国語の文章理解等で落ち着かない(パニックになることを含む)状況が認められた.2)授業の目標を視覚的に明確にすること,個別に指示・応答をすることによって授業態度に落ち着きが認められたが,言葉だけでの指示・注意・命令のみで個別的な応答が欠如する場合,メリハリのない授業などでは,授業態度に落ち着きがなく,パニック状態に陥ってしまうことが認められた.
内容記述
The purpose of this study is to identify effective methods of supporting children with Asperger syndrome, when we teach them in ordinary classes as a class teacher. In this study we observed two children who have been diagnosed by medical institutions as having Asperger syndrome: one is Child A (2nd grade of elementary school) and the other is Child B (1st grade). First we conducted observation and kept records for 77 hours for Child A and 63 hours for Child B in order to deepen our contextual understanding, then conducted observation by VTR recording (also using IC recorders). The results of analyses in this study are focused on their behavior observed through this VTR-recording process. The findings commonly observed in VTRs for Child A and B are as follows: 1) Their learning attitudes varied depending on subjects. In particular, the courses of moral education, gymnastics, music and Japanese language (reading comprehension) often made them flustered (including sometimes becoming panic). 2) It was observed that they regain their presence of mind when we showed them the purpose of the class more visually and clearly, and when we gave them instructions and asked them questions individually (in a person-to-person manner). However, when we gave them instructions, directions and orders only verbally and without requesting their individual reply, and when the teaching processes were monotonous, it was observed that they often become flustered or even get into panic.
登録日
2016.05.10
資源タイプ
原著
資料種別(NIIタイプ)
Departmental Bulletin Paper
フォーマット
PDFファイル
著者版フラグ
publisher
機関名
中部大学
外部リンク
360LinkはSerials Solutionsのリンクリゾルバーサービスです。 CiNiiは国立情報学研究所が行っている学術論文の検索サービスです。 CiNiiは国立情報学研究所が行っている大学図書館の検索サービスです。 NDL Search
レビュー
Navigation Guide


mark
ブックマーク(BM)機能
追加ボタンを押すとブックマークを追加します
add bookmark  
Navigation Guide
mark
マイフォルダ機能
書誌情報をマイフォルダへ登録できます。
登録ボタンを押すと現在表示している書誌をマイフォルダへ登録します。
add  
Navigation Guide
mark
ファイルに保存
現在、表示している情報をファイルに保存します。
ファイルのエンコードを選択し、保存ボタンを押してください。
エンコード :

download  
Navigation Guide

Copyright (C) 中部大学附属三浦記念図書館 2013 All Right Reserved.