logo
iLiswave
home language
markメニュー
mark 総合案内
mark コンテンツ一覧
  
mark バックナンバー
  
mark 関連情報
mark利用者サービス
     ブックマーク
     検索履歴
     レビュー履歴


JAIRO/学術機関リポジトリポータル
CiNii/NII論文情報ナビゲータ
中部大学附属三浦記念図書館
中部大学
mark書誌詳細 print back bookmark history help
mark 論文情報  <XC16000062> Detail Navigation Guide

sltfunc
 小学校体育授業における学習内容の効果に関する検討 - スキー学習における運動強度の分析を通して -
  花井, 忠征; 岸, 依美, 2011.03. -- (現代教育学研究紀要 ; Vol. 4 (2011.3)). w.  <XC16000062>
この書誌へのURL: COPY URL
Write Review
mark 詳細  
書誌
タイトル
小学校体育授業における学習内容の効果に関する検討 - スキー学習における運動強度の分析を通して -
タイトル(その他)
ショウガッコウ タイイク ジュギョウ ニオケル ガクシュウ ナイヨウ ノ コウカ ニ カンスル ケントウ スキー ガクシュウ ニオケル ウンドウ キョウド ノ ブンセキ オ トオシテ
タイトル(その他)
Examination on the Effects of the Learning Content in Elementary School Physical Education Classes - An Analysis of the Exercise Intensity in Learning to Sky -
作成者
花井, 忠征||ハナイ, タダユキ||Hanai, Tadayuki
作成者
岸, 依美||キシ, エミ||Kishi, Emi
公開者
中部大学現代教育学研究所
書誌構造リンク
ISSN
18827098
雑誌名
現代教育学研究紀要
巻次等
4
開始終了ページ
1-12
発行日
2011.03
主題
小学校(elementary school), 体育(physical education), スキー学習(ski learning), 運動強度(exercise intensity), 心拍数(heart rate)
内容記述
体育学習指導は、技術や技能の上達を図らせることばかりでなく、身体の発達を促すために適切な運動量と運動強度を学習者に提供することも重要な課題となる。本研究では、小学校体育におけるスキー学習が児童の生体にどのような影響をもたらすのかを心拍数応答を求めることで明らかにし、それにより体育教材としての効果を検討することを目的とした。被験者は、岐阜県郡上市立T小学校の1年生から6年生までの児童26名とした。測定は、7日間にわたり正課授業内で実施した。心拍数応答の測定は、「スポーツ心拍計・S610i (POLAR Electro 社製,Finland)」を使用した。その結果、以下の成果が得られた。1) 身体への効果があるとされる130拍/分以上の強度の運動が、被験者全体の心拍数分布状況から、スキー活動全体の5割以上を占めていたことがわかった。2) 上級者より中・初級者の方がスキー学習時間中の平均心拍数が高いことが認められた。3) 心拍数応答により分類される運動強度の出現頻度は、確実に身体に効果があるとされる中運動以上の割合は、上級者群で約4割、中級者群で約5割、初級者群では約6割であった。4) 各技術とも滑走・滑降時に高い心拍数を示した。スキー運動の特性である、落下運動時に高い運動強度が発揮され、運動効果が得られることが明らかになった。
内容記述
This study analyzed what sort of impact learning to ski in an elementary school physical education course has on the bodies of children. In addition, it also examined what sorts of effects are produced by learning to ski as a learning tool for physical education. The subjects were 26 first through sixth grade students at T Elementary School in Gujo City, Gifu Prefecture. The measurements were carried out over seven days. The S610i sports heart rate monitor (made by POLAR Electro, Finland) was used for the heart rate measurements. The results are as follows. 1) An exercise intensity of 130 bpm or higher, which is considered to offer the effects of exercise, accounts for more than 50% of skiing activities as a whole. 2) It was discovered that the average heart rate during the ski class was higher with intermediate and beginning skiers than it was with advanced skiers. 3) The appearance frequency for medium exercise and higher heart rates when viewed by skill level was about 40% for the advanced group, about 50% for the intermediate group, and about 60% for the beginner group. 4) Each group demonstrated high heart rates during plain movement and descent. As a characteristic of skiing motion, a high exercise intensity is manifested during descending motions, which made it clear that the effects of exercise could be obtained.
登録日
2016.05.10
資源タイプ
原著
資料種別(NIIタイプ)
Departmental Bulletin Paper
フォーマット
PDFファイル
著者版フラグ
publisher
機関名
中部大学
外部リンク
360LinkはSerials Solutionsのリンクリゾルバーサービスです。 CiNiiは国立情報学研究所が行っている学術論文の検索サービスです。 CiNiiは国立情報学研究所が行っている大学図書館の検索サービスです。 NDL Search
レビュー
Navigation Guide


mark
ブックマーク(BM)機能
追加ボタンを押すとブックマークを追加します
add bookmark  
Navigation Guide
mark
マイフォルダ機能
書誌情報をマイフォルダへ登録できます。
登録ボタンを押すと現在表示している書誌をマイフォルダへ登録します。
add  
Navigation Guide
mark
ファイルに保存
現在、表示している情報をファイルに保存します。
ファイルのエンコードを選択し、保存ボタンを押してください。
エンコード :

download  
Navigation Guide

Copyright (C) 中部大学附属三浦記念図書館 2013 All Right Reserved.