logo
iLiswave
home language
markメニュー
mark 総合案内
mark コンテンツ一覧
  
mark バックナンバー
  
mark 関連情報
mark利用者サービス
     ブックマーク
     検索履歴
     レビュー履歴


JAIRO/学術機関リポジトリポータル
CiNii/NII論文情報ナビゲータ
中部大学附属三浦記念図書館
中部大学
mark書誌詳細 print back bookmark history help
mark 論文情報  <XC16000065> Detail Navigation Guide

sltfunc
 GISを利用した周伊勢湾地域の湿地生態系評価に関する研究 - 生物教育への応用を視野に入れて -
  味岡, ゆい; 石田, 博幸; 南, 基泰, 2011.03. -- (現代教育学研究紀要 ; Vol. 4 (2011.3)). w.  <XC16000065>
この書誌へのURL: COPY URL
Write Review
mark 詳細  
書誌
タイトル
GISを利用した周伊勢湾地域の湿地生態系評価に関する研究 - 生物教育への応用を視野に入れて -
タイトル(その他)
GIS オ リヨウシタ シュウ イセワン チイキ ノ シッチ セイタイケイ ヒョウカ ニ カンスル ケンキュウ セイブツ キョウイク エノ オウヨウ オ シヤ ニ イレテ
タイトル(その他)
Assessment of the Marsh Ecosystem in the Circum-Ise Bay Area using GIS - With Special Reference to the Application to Biology Education -
作成者
味岡, ゆい||アジオカ, ユイ||Ajioka, Yui
作成者
石田, 博幸||イシダ, ヒロユキ||Ishida, Hiroyuki
作成者
南, 基泰||ミナミ, モトヤス||Minami, Motoyasu
公開者
中部大学現代教育学研究所
書誌構造リンク
ISSN
18827098
雑誌名
現代教育学研究紀要
巻次等
4
開始終了ページ
33-43
発行日
2011.03
主題
GIS(GIS), 生物多様性(biodiversity), 生物教育教材(teaching materials of biology)
内容記述
土岐川・庄内川流域圏上流域の岐阜県東濃地方から中流域の愛知県東部丘陵地域にかけての湿地生態系は,本流域圏内だけでなく周伊勢湾地域の生物多様性ホットスポットとなっている.しかし近年の市街地化の拡大に伴い,生物多様性保全に向けた評価が必要な地域となっている.そこで本研究では,GISを用いて周伊勢湾地域の湿地生態系に分布するモウセンゴケ,トウカイコモウセンゴケ,ヒメタイコウチ,ハルリンドウのハビタット環境の広域評価を行った.その結果,全ての評価種ハビタットは後期更新世(0.018Ma)以前に堆積した表層地質上の里地里山環境(例えば,農地や二次林)に分布することが確認された.このことからGISを用いた本手法は,生物種のハビタット情報のデータベース化や解析が容易なため,生物教育教材としても応用可能と考えられた.
内容記述
The small peat-less marsh in the catchment area of the Toki River/Shonai River system, which extends from the Tono district of Gifu Prefecture upstream to the semi-mountainous Tobukyuryo District in Aichi Prefecture further downstream in Japan, is part of a biodiversity hotspot that encompasses not just the river catchment area, but also the surrounding the Circum-Ise Bay area. However, the decline in the marsh ecosystem combined with the increase in the rates of urbanization in the area has prompted the need for an evaluation of the biodiversity and conservation status of the area. It is necessary to identify factors that limit species dispersal (e.g. geology), and inhibitation and establishment (e.g. vegetation) using GIS. This study a imed to clarify the factors affecting the current distribution and habitat of Drosera rotundifolia, D. tokaiensis, Nepa hoffmanni and Gentiana thunbergii, a marsh indicator species found in the marsh ecosystem of the Circum-Ise Bay area, Japan. All indicator species are thus primarily distributed in almost satoyama areas (e.g. farmland or secondary forest) with surface geologies dating from the Late Pleistocene (≧0.018 Ma) or earlier. The GIS also considers the analysis tool of fieldwork and provides valuable information for biology education.
登録日
2016.05.10
資源タイプ
原著
資料種別(NIIタイプ)
Departmental Bulletin Paper
フォーマット
PDFファイル
著者版フラグ
publisher
機関名
中部大学
外部リンク
360LinkはSerials Solutionsのリンクリゾルバーサービスです。 CiNiiは国立情報学研究所が行っている学術論文の検索サービスです。 CiNiiは国立情報学研究所が行っている大学図書館の検索サービスです。 NDL Search
レビュー
Navigation Guide


mark
ブックマーク(BM)機能
追加ボタンを押すとブックマークを追加します
add bookmark  
Navigation Guide
mark
マイフォルダ機能
書誌情報をマイフォルダへ登録できます。
登録ボタンを押すと現在表示している書誌をマイフォルダへ登録します。
add  
Navigation Guide
mark
ファイルに保存
現在、表示している情報をファイルに保存します。
ファイルのエンコードを選択し、保存ボタンを押してください。
エンコード :

download  
Navigation Guide

Copyright (C) 中部大学附属三浦記念図書館 2013 All Right Reserved.