logo
iLiswave
home language
markメニュー
mark 総合案内
mark コンテンツ一覧
  
mark バックナンバー
  
mark 関連情報
mark利用者サービス
     ブックマーク
     検索履歴
     レビュー履歴


JAIRO/学術機関リポジトリポータル
CiNii/NII論文情報ナビゲータ
中部大学附属三浦記念図書館
中部大学
mark書誌詳細 print back bookmark history help
mark 論文情報  <XC16000088> Detail Navigation Guide

sltfunc
 事例検討型研修会における乳児保育担当保育士の学習経験
  大河内, 修; 安井, 素子, 2013.03. -- (現代教育学研究紀要 ; Vol. 6 (2013.3)). w.  <XC16000088>
この書誌へのURL: COPY URL
Write Review
mark 詳細  
書誌
タイトル
事例検討型研修会における乳児保育担当保育士の学習経験
タイトル(その他)
ジレイ ケントウガタ ケンシュウカイ ニオケル ニュウジ ホイク タントウ ホイクシ ノ ガクシュウ ケイケン
タイトル(その他)
What Does the Child Care Worker Who Takes Charge of Baby Learn from the Case Study?
作成者
大河内, 修||オオコウチ, オサム||Ohkouchi, Osamu
作成者
安井, 素子||Yasui, Motoko
公開者
中部大学現代教育学研究所
書誌構造リンク
ISSN
18827098
雑誌名
現代教育学研究紀要
巻次等
6
開始終了ページ
45-54
発行日
2013.03
主題
保育士研修, グループワーク, 事例検討, 乳児保育
内容記述
経験年数3年から5年の乳児保育を担当する保育士研修会において、事例検討型のグループワークを行った。研修対象者は、発達にばらつきがあり、自己主張の強い子どもを集団としてまとめ、しかも個々の気持ちに寄り添いながら保育を行うことに対して困難を抱えていた。二つの事例検討を通じて、活動の流れの整理、保育士の目線や立ち位置、子どもへの声掛けのタイミングなどについて、詳細に検討された。また、抱っこをし、あやしながら全体への働きかけをすることの意義、子どもと保育士との強い絆が、一斉活動への参加意欲を高めることなどについての理解が、事例に即して行われた。今回の事例検討型グループワークが効果を上げた背景として、類似の立場と共通の課題の存在、自分ならどうするかという枠組みでの事例理解と提案、発言内容の即時の文字による共有化などの重要さが示唆された。
登録日
2016.05.10
資源タイプ
実践報告
資料種別(NIIタイプ)
Departmental Bulletin Paper
フォーマット
PDFファイル
著者版フラグ
publisher
機関名
中部大学
外部リンク
360LinkはSerials Solutionsのリンクリゾルバーサービスです。 CiNiiは国立情報学研究所が行っている学術論文の検索サービスです。 CiNiiは国立情報学研究所が行っている大学図書館の検索サービスです。 NDL Search
レビュー
Navigation Guide


mark
ブックマーク(BM)機能
追加ボタンを押すとブックマークを追加します
add bookmark  
Navigation Guide
mark
マイフォルダ機能
書誌情報をマイフォルダへ登録できます。
登録ボタンを押すと現在表示している書誌をマイフォルダへ登録します。
add  
Navigation Guide
mark
ファイルに保存
現在、表示している情報をファイルに保存します。
ファイルのエンコードを選択し、保存ボタンを押してください。
エンコード :

download  
Navigation Guide

Copyright (C) 中部大学附属三浦記念図書館 2013 All Right Reserved.