logo
iLiswave
home language
markメニュー
mark 総合案内
mark コンテンツ一覧
  
mark バックナンバー
  
mark 関連情報
mark利用者サービス
     ブックマーク
     検索履歴
     レビュー履歴


JAIRO/学術機関リポジトリポータル
CiNii/NII論文情報ナビゲータ
中部大学附属三浦記念図書館
中部大学
mark書誌詳細 print back bookmark history help
mark 論文情報  <XC16000194> Detail Navigation Guide

sltfunc
 反応熱分解ガスクロマトグラフィーによる微生物中の脂肪酸成分の迅速組成分析
  石田, 康行, 2016.03. -- (生物機能開発研究所紀要 ; No.16 (2016.3)). w.  <XC16000194>
この書誌へのURL: COPY URL
Write Review
mark
mark 詳細  
書誌
タイトル
反応熱分解ガスクロマトグラフィーによる微生物中の脂肪酸成分の迅速組成分析
タイトル(その他)
ハンノウ ネツブンカイガス クロマトグラフィー ニヨル ビセイブツチュウ ノ シボウサン セイブン ノ ジンソク ソセイ ブンセキ
作成者
石田, 康行||イシダ, ヤスユキ||Ishida, Yasuyuki
公開者
中部大学生物機能開発研究所
書誌構造リンク
ISSN
13464205
雑誌名
生物機能開発研究所紀要
巻次等
16
開始終了ページ
45-50
発行日
2016.03
内容記述
微生物中の脂肪酸成分の一般的な分析法として,溶媒抽出や化学反応などの試料前処理を併用したクロマトグラフィー技術が汎用されている.しかしながら,この方法については,迅速性や簡便性の点で問題点が指摘されており,より実用的な分析手法の開発が渇望されている.こうした中で,筆者らの研究グループは,有機アルカリ共存下での反応熱分解ガスクロマトグラフィー(反応熱分解GC)の手法により,微生物中の脂肪酸成分の分子構造や化学組成を,試料前処理をほとんど用いずに精密かつ迅速に解析することを可能にしてきた.この方法では,試料中の脂肪酸成分を対応するメチル誘導体に瞬時に変換し,次いで,生じた脂肪酸メチル類をオンライン操作で高分解能GC測定することにより,脂肪酸組成の分析が行われる.ここでは,それらの研究例として,1) 微細藻類中の多価不飽和脂肪酸を含む全脂肪酸成分の迅速組成分析,2) 脂肪酸組成解析に基づく消毒薬耐性細菌の簡易判別,及び3) 細菌細胞内に蓄積された生分解性ポリエステルの共重合組成解析への応用を行った内容について解説する.
登録日
2016.09.14
資源タイプ
解説
資料種別(NIIタイプ)
Departmental Bulletin Paper
フォーマット
PDFファイル
著者版フラグ
publisher
機関名
中部大学
外部リンク
360LinkはSerials Solutionsのリンクリゾルバーサービスです。 CiNiiは国立情報学研究所が行っている学術論文の検索サービスです。 CiNiiは国立情報学研究所が行っている大学図書館の検索サービスです。 NDL Search
レビュー
Navigation Guide


mark
ブックマーク(BM)機能
追加ボタンを押すとブックマークを追加します
add bookmark  
Navigation Guide
mark
マイフォルダ機能
書誌情報をマイフォルダへ登録できます。
登録ボタンを押すと現在表示している書誌をマイフォルダへ登録します。
add  
Navigation Guide
mark
ファイルに保存
現在、表示している情報をファイルに保存します。
ファイルのエンコードを選択し、保存ボタンを押してください。
エンコード :

download  
Navigation Guide

Copyright (C) 中部大学附属三浦記念図書館 2013 All Right Reserved.