logo
iLiswave
home language
markメニュー
mark 総合案内
mark コンテンツ一覧
  
mark バックナンバー
  
mark 関連情報
mark利用者サービス
     ブックマーク
     検索履歴
     レビュー履歴


JAIRO/学術機関リポジトリポータル
CiNii/NII論文情報ナビゲータ
中部大学附属三浦記念図書館
中部大学
mark書誌詳細 print back bookmark history help
mark 論文情報  <XC16000196> Detail Navigation Guide

sltfunc
 GC-MSによる食品中の残留農薬一斉分析におけるキャリアガス中への保護剤導入法の評価
  藤吉, 智治; 伊神, 貴仁; 佐藤, 孝史; 菊川, 浩史; 小林, 政人; 伊藤, 宏; 山本, 敦, 2016.03. -- (生物機能開発研究所紀要 ; No.16 (2016.3)). w.  <XC16000196>
この書誌へのURL: COPY URL
Write Review
mark
mark 詳細  
書誌
タイトル
GC-MSによる食品中の残留農薬一斉分析におけるキャリアガス中への保護剤導入法の評価
タイトル(その他)
GC-MS ニヨル ショクヒンチュウ ノ ザンリュウ ノウヤク イッセイ ブンセキ ニオケル キャリアガスチュウ エノ ホゴザイ ドウニュウホウ ノ ヒョウカ
タイトル(その他)
Evaluation of an analyte protectant generator in pesticide residue analysis using a GC-MS system
作成者
藤吉, 智治||フジヨシ, トモハル||Fujiyoshi, Tomoharu
作成者
伊神, 貴仁||イカミ, タカヒト||Ikami, Takahito
作成者
佐藤, 孝史||サトウ, タカシ||Sato, Takashi
作成者
菊川, 浩史||キクカワ, コウジ||Kikukawa, Koji
作成者
小林, 政人||コバヤシ, マサト||Masato, Kobayashi
作成者
伊藤, 宏||イトウ, ヒロシ||Ito, Hiroshi
作成者
山本, 敦||ヤマモト, アツシ||Yamamoto, Atsushi
公開者
中部大学生物機能開発研究所
書誌構造リンク
ISSN
13464205
雑誌名
生物機能開発研究所紀要
巻次等
16
開始終了ページ
56-62
発行日
2016.03
主題
analyte protectant generator, ethylene glycol, GC-MS, matrix effect, pesticide residue analy-sis.
内容記述
GC-MSによる食品中の残留農薬分析ではマトリクス効果による定量精度の低下が大きな問題である.多成分一斉分析ではマトリクス効果の低減を目的としてアナライトプロテクタント(保護剤)を試験溶液に添加する方法が広く用いられているが,マトリクス効果を完全に抑制することは困難である.保護剤添加法によるマトリクス効果の低減効果は保護剤の保持時間に依存的である.筆者らはこれまでの研究により,キャリアガス中に保護剤として微量のエチレングリコールを導入し続ける方法により効果的にマトリクス効果を低減する方法を評価した.本研究では,微量の保護剤をキャリアガス中へ導入する方法の有効性を検証するため,従来から保護剤として用いられているポリエチレングリコール(PEG)を試験溶液中に添加する方法と比較した.キャリアガス中へエチレングリコールを導入した結果,ほうれんそう,オレンジ,玄米,大豆の抽出液において,検討した全ての農薬でマトリクス効果が低減した.試験溶液へPEGを添加した結果,保持時間の遅い農薬に対してマトリクス効果の低減効果が低い結果であった.本実験で得られた結果より,キャリアガス中に微量のエチレングリコールを導入する方法は保護剤添加法と同等以上の効果が得られることが確認された.
内容記述
The consequences of matrix effects in GC are a major issue of concern in pesticide residue analysis. We proposed novel analyte protectant generator in pesticide residue analysis using a GC-MS system to compensate the matrix effect. The aim of this study was to compare both method of the introduction of ethylene glycol as an analyte protectant into the carrier gas with the addition of polyethylene glycol 300 (PEG300) into test solutions. Ethylene glycol in the car-rier gas effectively compensated the matrix effects in agricultural product extracts, but PEG300 in the test solution was less effective for late eluting pesticides.
登録日
2016.09.14
資源タイプ
報文
資料種別(NIIタイプ)
Departmental Bulletin Paper
フォーマット
PDFファイル
著者版フラグ
publisher
機関名
中部大学
外部リンク
360LinkはSerials Solutionsのリンクリゾルバーサービスです。 CiNiiは国立情報学研究所が行っている学術論文の検索サービスです。 CiNiiは国立情報学研究所が行っている大学図書館の検索サービスです。 NDL Search
レビュー
Navigation Guide


mark
ブックマーク(BM)機能
追加ボタンを押すとブックマークを追加します
add bookmark  
Navigation Guide
mark
マイフォルダ機能
書誌情報をマイフォルダへ登録できます。
登録ボタンを押すと現在表示している書誌をマイフォルダへ登録します。
add  
Navigation Guide
mark
ファイルに保存
現在、表示している情報をファイルに保存します。
ファイルのエンコードを選択し、保存ボタンを押してください。
エンコード :

download  
Navigation Guide

Copyright (C) 中部大学附属三浦記念図書館 2013 All Right Reserved.