logo
iLiswave
home language
markメニュー
mark 総合案内
mark コンテンツ一覧
  
mark バックナンバー
  
mark 関連情報
mark利用者サービス
     ブックマーク
     検索履歴
     レビュー履歴


JAIRO/学術機関リポジトリポータル
CiNii/NII論文情報ナビゲータ
中部大学附属三浦記念図書館
中部大学
mark書誌詳細 print back bookmark history help
mark 論文情報  <XC16000198> Detail Navigation Guide

sltfunc
 完全人工光型植物工場における食用ウチワサボテン生産を目指した研究
  堀部, 貴紀, 2016.03. -- (生物機能開発研究所紀要 ; No.16 (2016.3)). w.  <XC16000198>
この書誌へのURL: COPY URL
Write Review
mark
mark 詳細  
書誌
タイトル
完全人工光型植物工場における食用ウチワサボテン生産を目指した研究
タイトル(その他)
カンゼン ジンコウコウガタ ショクブツ コウジョウ ニオケル ショクヨウ ウチワサボテン セイサン オ メザシタ ケンキュウ
タイトル(その他)
Hydroponic culture of edible Opuntia aimed at production in closed-type plant factory
作成者
堀部, 貴紀||ホリベ, タカノリ||Horibe, Takanori
公開者
中部大学生物機能開発研究所
書誌構造リンク
ISSN
13464205
雑誌名
生物機能開発研究所紀要
巻次等
16
開始終了ページ
69-73
発行日
2016.03
主題
Edible Opuntia, hydroponics cul-ture, plant factory, LED
内容記述
愛知県春日井市は大正時代からサボテン栽培が行われている全国的な産地であり,近年では食用ウチワサボテン(春日井サボテン)の消費拡大を目指した取り組みが行われている.しかし春日井市内における食用ウチワサボテンの生産量は少なく,食品加工業者からの需要に答えられていないのが現状である.さらに従来の温室における栽培では冬季にサボテンの生育が停止するため生産ができず,年間を通して安定供給することが困難である.食用ウチワサボテンはメキシコや地中海沿岸では健康的な野菜として日常的に消費されており,今後は国内でも食用ウチワサボテンの業務・加工用途への利用の需要の増加や安定生産の要望が高まると予想される.その解決策の一つとして,人工光型植物工場における周年安定生産・高付加価値化が考えられる.しかし,これまで食用ウチワサボテンは水耕栽培の研究対象として注目されておらず,食用ウチワサボテンの水耕栽培や人工光型植物工場での生産に関する知見は乏しい.そこで本報告では,食用ウチワサボテンの湛液型水耕栽培試験で得られた基礎的知見について報告する.
登録日
2016.09.14
資源タイプ
短報
資料種別(NIIタイプ)
Departmental Bulletin Paper
フォーマット
PDFファイル
著者版フラグ
publisher
機関名
中部大学
外部リンク
360LinkはSerials Solutionsのリンクリゾルバーサービスです。 CiNiiは国立情報学研究所が行っている学術論文の検索サービスです。 CiNiiは国立情報学研究所が行っている大学図書館の検索サービスです。 NDL Search
レビュー
Navigation Guide


mark
ブックマーク(BM)機能
追加ボタンを押すとブックマークを追加します
add bookmark  
Navigation Guide
mark
マイフォルダ機能
書誌情報をマイフォルダへ登録できます。
登録ボタンを押すと現在表示している書誌をマイフォルダへ登録します。
add  
Navigation Guide
mark
ファイルに保存
現在、表示している情報をファイルに保存します。
ファイルのエンコードを選択し、保存ボタンを押してください。
エンコード :

download  
Navigation Guide

Copyright (C) 中部大学附属三浦記念図書館 2013 All Right Reserved.