logo
iLiswave
home language
markメニュー
mark 総合案内
mark コンテンツ一覧
  
mark バックナンバー
  
mark 関連情報
mark利用者サービス
     ブックマーク
     検索履歴
     レビュー履歴


JAIRO/学術機関リポジトリポータル
CiNii/NII論文情報ナビゲータ
中部大学附属三浦記念図書館
中部大学
mark書誌詳細 print back bookmark history help
mark 論文情報  <XC16000226> Detail Navigation Guide

sltfunc
 保育所年中児の動的学校画における特徴
  武藤, 久枝; 加藤, 孝正, 2017.03. -- (現代教育学部紀要 ; Vol. 9 (2017.3)). w.  <XC16000226>
この書誌へのURL: COPY URL
Write Review
mark
mark 詳細  
書誌
タイトル
保育所年中児の動的学校画における特徴
タイトル(その他)
ホイクジョ ネンチュウジ ノ ドウテキ ガッコウガ ニオケル トクチョウ
タイトル(その他)
Analysis of Person-figures in Kinetic School Drawings by Five-Year-Old Nursery School Children
作成者
武藤, 久枝||ムトウ, ヒサエ||Matsuo-Muto, Hisae
作成者
加藤, 孝正||カトウ, タカマサ||Kato, Takamasa
公開者
中部大学現代教育学部
書誌構造リンク
ISSN
18833802
雑誌名
現代教育学部紀要
巻次等
9
開始終了ページ
13-21
発行日
2017.03
主題
動的学校画(KSD: kinetic school drawings), 人物像(person-figures), 年中児(nursery school children)
内容記述
本研究の目的は、幼児期の動的学校画(Kinetic School Drawings、 KSD)の人物像の特徴に関する実証的知見を得ることである。保育所年中児298名に対して集団でKSDを実施した。そのうち、本人、友達、先生の3者が描かれた80名のKSDを分析対象として、1)人物像の人数(友達の数、先生の数) 2)描画順位 3)活動内容 4)シンボル(花、木・草、家、蝶、ハート、魚、印) 5)スタイル(包囲、鳥瞰図、透視画、区分化、エッジング) 6)自己像の位置 7)一番大きい人物像 8)高い位置の人物像 9)自己像に最も近い人物像 10)描画水準 11)基底線と太陽について性別の出現を検討した。その結果、性差が認められたのは活動内容、シンボル、スタイルであった。女児がシンボルを描く割合は男児よりも有意に高く、その種類も多かった。また、女児の活動内容における「ブランコ・鉄棒」の出現、およびスタイルにおける透視画の出現はそれぞれ男児よりも有意に高かった。
内容記述
The purpose of this study was to clarify the characteristics of KSD by 5-year-old nursery school children. The KSD was carried out for 298 5-year-old children at nursery school in 2013-14. 80 KSD (38 boys, 42 girls) were analyzed; the mean age of children was 63.5 months, and the other were incomplete drawings. Seven indices were used for the assessment of KSD: 1) Size of drawing person-figures (self, friends, teachers), 2) Drawing order, 3) Actions (drawing content), 4) Symbols, 5) Styles, 6) Location of drawing figures in the paper, and 7) KSD drawing level. The results were as follows: 1) The drawing teacher-figures were largest in 42 children (52.4%). 2) Drawing order was self, friends, and teachers. 3) Actions appearing in the KSD and Drawing content categories were "PLAYING (47.4%)". 4) Girls showed significantly higher scores than boys in drawing symbols and styles. 5) The drawing friend-figures were located near the self-figures in 54 children (67.5%), and teacher-figures were located at the top of the paper in 34 children (42.4%). 6) KSD were divided into 2 classes. It was impossible to interpret actions from drawings in 88.7% of the KSD.
登録日
2017.03.13
資源タイプ
原著
資料種別(NIIタイプ)
Departmental Bulletin Paper
フォーマット
PDFファイル
著者版フラグ
publisher
機関名
中部大学
外部リンク
360LinkはSerials Solutionsのリンクリゾルバーサービスです。 CiNiiは国立情報学研究所が行っている学術論文の検索サービスです。 CiNiiは国立情報学研究所が行っている大学図書館の検索サービスです。 NDL Search
レビュー
Navigation Guide


mark
ブックマーク(BM)機能
追加ボタンを押すとブックマークを追加します
add bookmark  
Navigation Guide
mark
マイフォルダ機能
書誌情報をマイフォルダへ登録できます。
登録ボタンを押すと現在表示している書誌をマイフォルダへ登録します。
add  
Navigation Guide
mark
ファイルに保存
現在、表示している情報をファイルに保存します。
ファイルのエンコードを選択し、保存ボタンを押してください。
エンコード :

download  
Navigation Guide

Copyright (C) 中部大学附属三浦記念図書館 2013 All Right Reserved.