logo
iLiswave
home language
markメニュー
mark 総合案内
mark コンテンツ一覧
  
mark バックナンバー
  
mark 関連情報
mark利用者サービス
     ブックマーク
     検索履歴
     レビュー履歴


JAIRO/学術機関リポジトリポータル
CiNii/NII論文情報ナビゲータ
中部大学附属三浦記念図書館
中部大学
mark書誌詳細 print back bookmark history help
mark 論文情報  <XC16000227> Detail Navigation Guide

sltfunc
 戦前の唱歌教育における唱法教授の変遷 (1) - 明治10年代の小学校教師用書を中心に -
  大地, 宏子, 2017.03. -- (現代教育学部紀要 ; Vol. 9 (2017.3)). w.  <XC16000227>
この書誌へのURL: COPY URL
Write Review
mark
mark 詳細  
書誌
タイトル
戦前の唱歌教育における唱法教授の変遷 (1) - 明治10年代の小学校教師用書を中心に -
タイトル(その他)
センゼン ノ ショウカ キョウイク ニオケル ショウホウ キョウジュ ノ ヘンセン メイジ 10ネンダイ ノ ショウガッコウ キョウシヨウショ オ チュウシンニ
タイトル(その他)
The Transition of Methods to Teach Singing in Pre-war Singing Education (1) - Centered on Manuals for Elementary School Teachers in the Meiji Era (1880's) -
作成者
大地, 宏子||オオチ, ヒロコ||Ochi, Hiroko
公開者
中部大学現代教育学部
書誌構造リンク
ISSN
18833802
雑誌名
現代教育学部紀要
巻次等
9
開始終了ページ
23-34
発行日
2017.03
主題
唱法(Singing Method), 階名(movable-do system), 音名(fixed-do system), 教師用書(teaching method textbook), 唱歌教授細目(details of teaching singing songs)
内容記述
音楽科教育における唱法の論争は戦前より始まり、戦後の学習指導要領で「移動ド唱法を原則とする」と定められたものの、いまだにそれが定着したとはいえない。本論は、学習指導要領告示以前の戦前における唱法の教授法に焦点を当て、主に教師用書を通して「移動ド」唱法のルーツを辿りつつ、唱法教授の変遷を考察した。その結果、唱法の教授法が最初に明文化されたのは伊澤修二の作成した「唱歌法凡例」で、「数字による(ヒフミ)唱法」と「ハニホによる唱法」の二つの唱法が定義された。前者が「階名唱」を、後者が「音名唱」を意味していたと考えられる。その後、日本で最初の音楽教科書『小学唱歌集初編』で唱法教授の定型が示され、その教師用書『音楽指南』でその具体的な教授法が述べられ、以後この教授法が継承された。階名唱と音名唱は、唱法教授過程の初期から同時に学ぶ課業だったが、いずれの史料も階名唱を積極的に教授する傾向を示していた。
内容記述
The debate about singing methods in singing education started since pre-war times, and despite the government curriculum guidelines ordaining the use of the movable do solfege to teach, it is not to say that this has been firmly established to this day. The body of the argument examined the evolution of the methods to teach singing, while focusing on the teaching methods of singing in pre-war times before government curriculum guidelines were published, and arriving at the origins of the movable do singing method by mainly using manuals meant for elementary school teachers. As a result, it was determined that the first documented teaching methods for singing were the method of singing by numbers (hifumi) and the haniho solmization method, as in "Explanatory Notes for Singing Methods" written by Shuji Isawa. It is assumed that the former was equivalent to the method of using solfa (movable do), and the latter to the method of using note names (fixed do). After that, a fixed approach to teaching singing was published in the first music textbook in Japan, "Shogaku Shokashu Shohen (Songs for Primary Schools First Volume)", and a detailed teaching method was written in its teachers' manual, "Ongaku Shinan (Manual for Music)", which was passed on ever since. The solfa method and note name method were taught simultaneously in the early processes of teaching singing; however, the historical records examined have all shown a trend of actively using the solfa method to teach singing.
登録日
2017.03.13
資源タイプ
原著
資料種別(NIIタイプ)
Departmental Bulletin Paper
フォーマット
PDFファイル
著者版フラグ
publisher
機関名
中部大学
外部リンク
360LinkはSerials Solutionsのリンクリゾルバーサービスです。 CiNiiは国立情報学研究所が行っている学術論文の検索サービスです。 CiNiiは国立情報学研究所が行っている大学図書館の検索サービスです。 NDL Search
レビュー
Navigation Guide


mark
ブックマーク(BM)機能
追加ボタンを押すとブックマークを追加します
add bookmark  
Navigation Guide
mark
マイフォルダ機能
書誌情報をマイフォルダへ登録できます。
登録ボタンを押すと現在表示している書誌をマイフォルダへ登録します。
add  
Navigation Guide
mark
ファイルに保存
現在、表示している情報をファイルに保存します。
ファイルのエンコードを選択し、保存ボタンを押してください。
エンコード :

download  
Navigation Guide

Copyright (C) 中部大学附属三浦記念図書館 2013 All Right Reserved.