logo
iLiswave
home language
markメニュー
mark 総合案内
mark コンテンツ一覧
  
mark バックナンバー
  
mark 関連情報
mark利用者サービス
     ブックマーク
     検索履歴
     レビュー履歴


JAIRO/学術機関リポジトリポータル
CiNii/NII論文情報ナビゲータ
中部大学附属三浦記念図書館
中部大学
mark書誌詳細 print back bookmark history help
mark 論文情報  <XC17000049> Detail Navigation Guide

sltfunc
 フラワーレメディエーション - 花卉植物による重金属汚染土壌の修復に関する研究 -
  堀部, 貴紀; 山木, 昭平; 山田, 邦夫, 2017.03. -- (生物機能開発研究所紀要 ; No.17 (2017.3)). w.  <XC17000049>
この書誌へのURL: COPY URL
Write Review
mark
mark 詳細  
書誌
タイトル
フラワーレメディエーション - 花卉植物による重金属汚染土壌の修復に関する研究 -
タイトル(その他)
フラワー レメディエーション カキ ショクブツ ニヨル ジュウキンゾク オセン ドジョウ ノ シュウフク ニ カンスル ケンキュウ
タイトル(その他)
Flower-remediation - heavy metal phytoremediation by ornamental flowers -
作成者
堀部, 貴紀||ホリベ, タカノリ||Horibe, Takanori
作成者
山木, 昭平||ヤマキ, ショウヘイ||Yamaki, Shohei
作成者
山田, 邦夫||ヤマダ, クニオ||Yamada, Kunio
公開者
中部大学生物機能開発研究所
書誌構造リンク
ISSN
13464205
雑誌名
生物機能開発研究所紀要
巻次等
17
開始終了ページ
73-79
発行日
2017.03
主題
Cadmium(カドミウム), environment beautification(環境美化), lead(鉛), soil remediation(土壌浄化)
内容記述
近年,植物を利用した環境修復技術であるファイトレメディエーションの研究が盛んに行われている.本研究では,観賞価値の高い花卉植物を利用して環境を美化しながら土壌汚染を除去する手法(フラワーレメディエーション)の確立を目指し,有害重金属であるカドミウム(Cd)と鉛(Pb)を用いて複数の花卉植物の重金属耐性と重金属蓄積能力を調査した.約30種の花卉植物を使用しポット試験によりCdおよびPb耐性植物の選抜を行った結果,ベニバナやマリーゴールドなどいくつかの植物は自然界濃度の10倍以上のCd,Pb を含む土壌で一定期間生存可能であることが示された.次に,Cd試験土壌とPb試験土壌において耐性を示した9種の花卉植物を開花期まで生育させ,地上部・地下部の重金属濃度を測定し比較した.その結果,コスモス,ベニバナ,ヒャクニチソウ,マリーゴールドは地上部にCdを,キンセンカ,ベニバナ,ヒマワリはPbを地上部に多く蓄積していた.これらの花卉植物はフラワーレメディエーションへの利用に有望である.本研究により,花卉植物の重金属蓄積量や重金属の地上部への移行程度には種間で大きく差があること,さらに上記の花卉植物は観賞価値に加えて地上部への重金属蓄積能力が高いことなどが明らかとなり,花卉植物を利用した土壌浄化技術の実現可能性が示された.
内容記述
We tried to establish the method of removing soil heavy metal pollution using ornamental flowers, and investigated the heavy metal tolerance and the heavy metal accumulation ability of ornamental flowers using cadmium (Cd) and lead (Pb). We used approximately 30 kinds of ornamental flowers to investigate heavy metal tolerance, and found that some of them could live on soil which contains heavy metal more than 50 times of natural concentration. Then, 9 kinds of ornamental flowers were grown on the soil containing Cd and Pb, and heavy metal concentrations of them were investigated. Results showed that some ornamental flowers including marigold, calendula, and sunflower has high ability to accumulate Cd and Pb in above-ground part in addition to their high ornamental value. In this study, it is suggested that some ornamental flowers are suitable for the Cd and Pb phytoremediation.
登録日
2017.07.20
資源タイプ
報文
資料種別(NIIタイプ)
Departmental Bulletin Paper
フォーマット
PDFファイル
著者版フラグ
publisher
機関名
中部大学
外部リンク
360LinkはSerials Solutionsのリンクリゾルバーサービスです。 CiNiiは国立情報学研究所が行っている学術論文の検索サービスです。 CiNiiは国立情報学研究所が行っている大学図書館の検索サービスです。 NDL Search
レビュー
Navigation Guide


mark
ブックマーク(BM)機能
追加ボタンを押すとブックマークを追加します
add bookmark  
Navigation Guide
mark
マイフォルダ機能
書誌情報をマイフォルダへ登録できます。
登録ボタンを押すと現在表示している書誌をマイフォルダへ登録します。
add  
Navigation Guide
mark
ファイルに保存
現在、表示している情報をファイルに保存します。
ファイルのエンコードを選択し、保存ボタンを押してください。
エンコード :

download  
Navigation Guide

Copyright (C) 中部大学附属三浦記念図書館 2013 All Right Reserved.