logo
iLiswave
home language
markメニュー
mark 総合案内
mark コンテンツ一覧
  
mark バックナンバー
  
mark 関連情報
mark利用者サービス
     ブックマーク
     検索履歴
     レビュー履歴


JAIRO/学術機関リポジトリポータル
CiNii/NII論文情報ナビゲータ
中部大学附属三浦記念図書館
中部大学
mark書誌詳細 print back bookmark history help
mark 論文情報  <XC17000084> Detail Navigation Guide

sltfunc
 上級日本語クラスにおけるピア・ラーニング - 読解文要約の課題を通して -
  上田,美紀; 渡辺, 民江, 2017.12.20. -- (中部大学教育研究 ; No. 17 (2017)). w.  <XC17000084>
この書誌へのURL: COPY URL
Write Review
mark
mark 詳細  
書誌
タイトル
上級日本語クラスにおけるピア・ラーニング - 読解文要約の課題を通して -
タイトル(その他)
ジョウキュウ ニホンゴ クラス ニ オケル ピア ラーニング ドッカイブン ヨウヤク ノ カダイ オ ツウジテ
タイトル(その他)
Peer-Learning Activity in Advanced JSL Class Through Summary Writing
作成者
上田,美紀||ウエダ, ミキ||Ueda, Miki
作成者
渡辺, 民江||ワタナベ, タミエ||Watanabe, Tamie
公開者
中部大学大学教育研究センター
書誌構造リンク
ISSN
13497316
雑誌名
中部大学教育研究
巻次等
17
開始終了ページ
53-58
発行日
2017.12.20
主題
ピア・ラーニング, 読解, 要約, 内省, 評価
主題
peer-learning, reading, summary writing, reflection, evaluation
内容記述
本実践は上級日本語読解の授業にピア・ラーニングを取り入れたものである。ピア・ラーニングとは学習者同士が対等な関係で共に学び合うものであり、学習者の気づきを促す効果が示されている。授業は、読解→読解文要約のスキル提示→個人での要約→グループワークでの要約→内省と評価の質問紙記述という段階を踏んで進められた。本研究では個人での要約文とグループワークでの要約文を比較した。また、内省及び評価の質問紙記述の内容から、本実践の効果と評価を示した。その結果、学習者がピア・ラーニングによって互いに刺激しあい課題を遂行したこと、要約スキルに関する様々な気づきがあったこと、教師が提示した要約スキルがピア・ラーニングによって再確認され習得に結びついたこと、学習者がピア・ラーニングに高い評価を示していること等がわかった。
内容記述
Many of the advanced level JSL students studying in the Japanese Language and Culture Program at Chubu University have set lofty goals for themselves such as entering graduate school at a university in Japan, writing a thesis or other research papers in Japanese, and/or working for a Japanese-affiliated firm. Therefore,for them to accomplish these goals, it is important to increase and hone their Japanese writing skills. One way to achieve this is by writing summaries of various articles. This paper introduces a peer-learning activity for an advanced Japanese as a Second Language (JSL) reading/writing class for summary writing. Instead of writing summaries repeatedly in class and the teacher correcting them individually, students were divided into groups and given the same article. They were then instructed to write a summary on their own. After completing their individual summary, they were asked to write a summary of the same article together with their group. No instruction was given on how to write the group summary, and the process varied considerably from group to group. However, by doing this, students in all groups not only actively learned different writing techniques for summaries from their peers, but also increased their ability to cooperate with others by sharing ideas. A reflection and evaluation surveys were conducted after this activity, which showed students basically rated this peer-learning exercise as a positive experience. Possibilities for future activities and discussion about some of the problems that were revealed from the survey are also provided.
登録日
2018.02.14
資源タイプ
実践研究・実践報告
資料種別(NIIタイプ)
Departmental Bulletin Paper
フォーマット
PDFファイル
著者版フラグ
publisher
機関名
中部大学
外部リンク
360LinkはSerials Solutionsのリンクリゾルバーサービスです。 CiNiiは国立情報学研究所が行っている学術論文の検索サービスです。 CiNiiは国立情報学研究所が行っている大学図書館の検索サービスです。 NDL Search
レビュー
Navigation Guide


mark
ブックマーク(BM)機能
追加ボタンを押すとブックマークを追加します
add bookmark  
Navigation Guide
mark
マイフォルダ機能
書誌情報をマイフォルダへ登録できます。
登録ボタンを押すと現在表示している書誌をマイフォルダへ登録します。
add  
Navigation Guide
mark
ファイルに保存
現在、表示している情報をファイルに保存します。
ファイルのエンコードを選択し、保存ボタンを押してください。
エンコード :

download  
Navigation Guide

Copyright (C) 中部大学附属三浦記念図書館 2013 All Right Reserved.