logo
iLiswave
home language
markメニュー
mark 総合案内
mark コンテンツ一覧
  
mark バックナンバー
  
mark 関連情報
mark利用者サービス
     ブックマーク
     検索履歴
     レビュー履歴


JAIRO/学術機関リポジトリポータル
CiNii/NII論文情報ナビゲータ
中部大学附属三浦記念図書館
中部大学
mark書誌詳細 print back bookmark history help
mark 論文情報  <XC17000112> Detail Navigation Guide

sltfunc
 現代教育学部と教師教育 - 「主体的・対話的で深い学び」に迫る -
  豊田, ひさき, 2018.03. -- (現代教育学部紀要 ; Vol. 10 (2018.3)). w.  <XC17000112>
この書誌へのURL: COPY URL
Write Review
mark
mark 詳細  
書誌
タイトル
現代教育学部と教師教育 - 「主体的・対話的で深い学び」に迫る -
タイトル(その他)
ゲンダイ キョウイク ガクブ ト キョウシ キョウイク シュタイテキ タイワテキ デ フカイ マナビ ニ セマル
タイトル(その他)
A Study of “Subjective, Interactive and Deep Learning"
作成者
豊田, ひさき||トヨダ, ヒサキ||Toyoda, Hisaki
公開者
中部大学現代教育学部
書誌構造リンク
ISSN
18833802
雑誌名
現代教育学部紀要
巻次等
10
開始終了ページ
1-9
発行日
2018.03
主題
アクティブ・ラーニング、東井義雄、「ひとりしらべ」ノート
内容記述
本論考の課題は、2017(平成29)年公示の新学習指導要領で要請されている「主体的・対話的で深い学び」を具現する授業の質、つまり、「主体的」、「対話的」、「深い学び」の内実を解明することである。本論では、(1)「深い学び」の「深さ」は、子どもが授業を振り返って書く「ひとりしらべ」ノートに一番現れやすい。(2)子どもが、授業でどれだけ深い思考・認識活動を行ったかということは、そのノートからある程度推測できるし、それと同時に、授業で為された学びの「主体性」・「対話性」との関係性も推測できる、という仮説を立てた。この仮説を、東井義雄が子どもに書かせた「ひとりしらべ」ノートを「羅生門的アプローチ」(rashomonapproach)で分析し、仮説が妥当であるとの一定の成果を得た。と同時に、東井が実践した「教科の論理」(=ロゴス)と「生活の論理」(=パトス)を統一する生活綴方的教育方法の授業づくりは、「主体的・対話的で深い学び」をつくり出す教師と子どもの協働の仕事である、という事実も検証できた。
登録日
2018.03.31
資源タイプ
特集
資料種別(NIIタイプ)
Departmental Bulletin Paper
フォーマット
PDFファイル
著者版フラグ
publisher
機関名
中部大学
外部リンク
360LinkはSerials Solutionsのリンクリゾルバーサービスです。 CiNiiは国立情報学研究所が行っている学術論文の検索サービスです。 CiNiiは国立情報学研究所が行っている大学図書館の検索サービスです。 NDL Search
レビュー
Navigation Guide


mark
ブックマーク(BM)機能
追加ボタンを押すとブックマークを追加します
add bookmark  
Navigation Guide
mark
マイフォルダ機能
書誌情報をマイフォルダへ登録できます。
登録ボタンを押すと現在表示している書誌をマイフォルダへ登録します。
add  
Navigation Guide
mark
ファイルに保存
現在、表示している情報をファイルに保存します。
ファイルのエンコードを選択し、保存ボタンを押してください。
エンコード :

download  
Navigation Guide

Copyright (C) 中部大学附属三浦記念図書館 2013 All Right Reserved.