logo
iLiswave
home language
markメニュー
mark 総合案内
mark コンテンツ一覧
  
mark バックナンバー
  
mark 関連情報
mark利用者サービス
     ブックマーク
     検索履歴
     レビュー履歴


JAIRO/学術機関リポジトリポータル
CiNii/NII論文情報ナビゲータ
中部大学附属三浦記念図書館
中部大学
mark書誌詳細 print back bookmark history help
mark 論文情報  <XC17000119> Detail Navigation Guide

sltfunc
 NHKラジオ放送の子ども番組にみる「童謡」の音楽的変容 - 戦後の童謡を中心に -
  大地, 宏子, 2018.03. -- (現代教育学部紀要 ; Vol. 10 (2018.3)). w.  <XC17000119>
この書誌へのURL: COPY URL
Write Review
mark
mark 詳細  
書誌
タイトル
NHKラジオ放送の子ども番組にみる「童謡」の音楽的変容 - 戦後の童謡を中心に -
タイトル(その他)
NHK ラジオ ホウソウ ノ コドモ バングミ ニ ミル ドウヨウ ノ オンガクテキ ヘンヨウ センゴ ノ ドウヨウ オ チュウシン ニ
タイトル(その他)
Change of Musical Aspects in “Children's Song" Seen in Children's Programs of NHK Radio Broadcast: Placing Afterwar Children's Song in Center
作成者
大地, 宏子||オオチ, ヒロコ||Ochi, Hiroko
公開者
中部大学現代教育学部
書誌構造リンク
ISSN
18833802
雑誌名
現代教育学部紀要
巻次等
10
開始終了ページ
69-82
発行日
2018.03
主題
童謡、ラジオ放送、ろばの会、大中恩、童謡舞踊
主題
Children's song, Radio broadcast, Roba no kai, Megumi ONAKA, Children's song dance
内容記述
本稿ではNHKのラジオ番組から誕生した戦後の新しい童謡における音楽的側面に光を当て、戦前の大正期の童謡と戦前・戦後に隆盛を極めたレコード童謡との比較、及び変容を考察した。戦後の童謡については、当時の新進作曲家たちによって結成された「ろばの会」の活動理念や創作の経緯を辿りつつ、作品の分析を通して彼らの目指した戦後の童謡観(音楽観)と具体的な音楽的特質の一端を明らかにした。ここで浮き彫りとなった音楽面の変容、すなわち斬新なメロディーやリズム、半音階を含んだ多様な和声など戦前の童謡には聴かれなかった音楽的着想は、歌詞(言葉)を提供した詩人たちとの創作研究を通して起こった事象だったといえる。大正期の童謡から脱却し、新しい詩の創作を模索していた詩人たちと、戦後の近代和声による新たな子どものうたの創作活動を歩み始めていた作曲家たちの協同作業によって、戦後の童謡は開拓され現在へ至る道筋がつくられたのである。
内容記述
In this article we put a light on the musical factors in after-war children's song given birth from NHK radio programs, and put thought into the comparison and change from before-war Taisho age children's song and children's song records that prospered before and after the war. Regarding after-war children's song, we went through activity policies and sequence of creation of “Roba no kai" formed by the rising music writers of that age, and through analysis of the music clips, we made clear their vision of after-war children's song (vision towards music) and also a part of their specific musical characteristic. The change in music made clear here, which were the new melodies and rhythm, various harmonies with semitones, musical ideas that were not seen in before-war children's music, could be said to be a phenomenon caused through creative research with the poets that provided the lyrics (words). After-war children's song was developed, and a path towards the present was created through a partnership between poets breaking out from Taisho age children's song in search for new lyrics, and music writers beginning creative activity for new children's song with after-war modern harmony.
登録日
2018.03.31
資源タイプ
原著
資料種別(NIIタイプ)
Departmental Bulletin Paper
フォーマット
PDFファイル
著者版フラグ
publisher
機関名
中部大学
外部リンク
360LinkはSerials Solutionsのリンクリゾルバーサービスです。 CiNiiは国立情報学研究所が行っている学術論文の検索サービスです。 CiNiiは国立情報学研究所が行っている大学図書館の検索サービスです。 NDL Search
レビュー
Navigation Guide


mark
ブックマーク(BM)機能
追加ボタンを押すとブックマークを追加します
add bookmark  
Navigation Guide
mark
マイフォルダ機能
書誌情報をマイフォルダへ登録できます。
登録ボタンを押すと現在表示している書誌をマイフォルダへ登録します。
add  
Navigation Guide
mark
ファイルに保存
現在、表示している情報をファイルに保存します。
ファイルのエンコードを選択し、保存ボタンを押してください。
エンコード :

download  
Navigation Guide

Copyright (C) 中部大学附属三浦記念図書館 2013 All Right Reserved.