logo
iLiswave
home language
markメニュー
mark 総合案内
mark コンテンツ一覧
  
mark バックナンバー
  
mark 関連情報
mark利用者サービス
     ブックマーク
     検索履歴
     レビュー履歴


JAIRO/学術機関リポジトリポータル
CiNii/NII論文情報ナビゲータ
中部大学附属三浦記念図書館
中部大学
mark書誌詳細 print back bookmark history help
mark 論文情報  <XC17100313> Detail Navigation Guide

sltfunc
 レドックス制御による細胞膜関連チロシンキナーゼの活性化
  川本, 善之; 武田, 湖州恵; 中島, 泉, 2005.03. -- (中部大学生命健康科学研究所紀要 ; Vol. 1 (2005.3)). w.  <XC17100313>
この書誌へのURL: COPY URL
Write Review
mark
mark 詳細  
書誌
タイトル
レドックス制御による細胞膜関連チロシンキナーゼの活性化
タイトル(その他)
レドックス セイギョ ニヨル サイボウマク カンレン チロシンキナーゼ ノ カッセイカ
タイトル(その他)
Mechanisms of redox-linked regulation of membrane-associated protein tyrosine kinases activation
作成者
川本, 善之||カワモト, ヨシユキ||Kawamoto, Yoshiyuki
作成者
武田, 湖州恵||タケダ, コズエ||Takeda, Kozue
作成者
中島, 泉||ナカシマ, イズミ||Nakashima, Izumi
公開者
中部大学生命健康科学研究所
書誌構造リンク
ISSN
18803040
雑誌名
生命健康科学研究所紀要
巻次等
1
開始終了ページ
17-24
発行日
2005.03
主題
プロテインチロシンキナーゼ(PTK)、レドックス、ラフト
内容記述
プロテインチロシンキナーゼ(Protein Tyrosine Kinase, PTK)は細胞の増殖や分化、サイトカイン類の遺伝子発現等に必要な初期の細胞内シグナリングにおいて鍵となる働きを担う。PTKには受容体型および非受容体型が存在するが、これらの多くが細胞脱脂質ミクロドメインのラフトと呼ばれる微小領域において効率的に活性化される仕組みが解明されつつある。これまでの研究で、細胞膜と相互作用するPTKの活性化に少なくとも二段階の酸化還元制御(レドックス制御)が関わっていることが明らかとなっている。すなわち、ジスルフィドを介したタンパク質のラフトでの凝集、そしてそれに伴う活性酸素の産生と細胞内キナーゼ領域に高度に保存されたモチーフ配列(Met-X-X-Cys-Trp)に含まれるシステインを介した活性化である。本橋ではラフトを介した活性酸素の産生の機序とPTKの活性化機序について、それぞれの相互作用を含めて考察した。
登録日
2017.09.25
資源タイプ
解説
資料種別(NIIタイプ)
Departmental Bulletin Paper
フォーマット
PDFファイル
著者版フラグ
publisher
機関名
中部大学
外部リンク
360LinkはSerials Solutionsのリンクリゾルバーサービスです。 CiNiiは国立情報学研究所が行っている学術論文の検索サービスです。 CiNiiは国立情報学研究所が行っている大学図書館の検索サービスです。 NDL Search
レビュー
Navigation Guide


mark
ブックマーク(BM)機能
追加ボタンを押すとブックマークを追加します
add bookmark  
Navigation Guide
mark
マイフォルダ機能
書誌情報をマイフォルダへ登録できます。
登録ボタンを押すと現在表示している書誌をマイフォルダへ登録します。
add  
Navigation Guide
mark
ファイルに保存
現在、表示している情報をファイルに保存します。
ファイルのエンコードを選択し、保存ボタンを押してください。
エンコード :

download  
Navigation Guide

Copyright (C) 中部大学附属三浦記念図書館 2013 All Right Reserved.