logo
iLiswave
home language
markメニュー
mark 総合案内
mark コンテンツ一覧
  
mark バックナンバー
  
mark 関連情報
mark利用者サービス
     ブックマーク
     検索履歴
     レビュー履歴


JAIRO/学術機関リポジトリポータル
CiNii/NII論文情報ナビゲータ
中部大学附属三浦記念図書館
中部大学
mark書誌詳細 print back bookmark history help
mark 論文情報  <XC17100379> Detail Navigation Guide

sltfunc
 Decomposition of Some Agro-Chemicals in Water
  冨森, 聡子; 橋爪, 清; 谷山, 鉄郎, 2002.03. -- (応用生物学部紀要 ; Vol. 1 (2002.3)). w.  <XC17100379>
この書誌へのURL: COPY URL
Write Review
mark
mark 詳細  
書誌
タイトル
Decomposition of Some Agro-Chemicals in Water
タイトル(その他)
スウシュ ノウヤク ノ スイチュウ ニ オケル ブンカイ
タイトル(その他)
数種農薬の水中における分解
作成者
冨森, 聡子||トミモリ, サトコ||Tomimori, Satoko
作成者
橋爪, 清||ハシズメ, キヨシ||Hashizume, Kiyoshi
作成者
谷山, 鉄郎||タニヤマ, テツロウ||Taniyama, Tetsuro
公開者
中部大学応用生物学部
書誌構造リンク
ISSN
13472674
雑誌名
応用生物学部紀要
巻次等
1
開始終了ページ
1-6
発行日
2002.03
主題
Agro-chemicals, Chemical and physical deterioration of the pesticide, Decomposition by bubbling and ultraviolet radiation, Golf links
主題
曝気と紫外線照射による分解, ゴルフ場, 化学的, 物理的分解, 農薬
内容記述
It is common knowledge that the concentration of pesticide in water declines, caused by the chemical and physical deterioration of the pesticide itself and through decomposition by some microorganisms. Five types of agro-chemicals (diazinon, fenitrothion, butamifos, simazine, chlorothalonil) detected in the drainage from a golf course located in the suburbs of Tsu city, Mie Prefecture, were investigated to determine their degree of deterioration. The chemicals were treated either by bubbling air or by ultraviolet radiation in a dark room. After 20 days, the concentrations of the chemicals in the untreated group declined and fenitrothion showed a 20% reduction in its original level. Irradiation of simazine with ultraviolet rays (365 nm) reduced its concentration by 10%. By contrast, the diazinon level decreased to 50% of its original concentration after 10 days of bubbling. After bubbling for 20 days, 90% of the original amount of simazine and chlorothalonil was still present. This experiment showed that among the five agro-chemicals examined, simazine was more difficult to disintegrate physically and chemically.
内容記述
水中における農薬の濃度低下の要因として主に化学的,物理的反応による分解と微生物分解が知られている. 本研究は,三重県津市近郊のゴルフ場排水から検出された農薬5種類(ダイアジノン,フェニトロチオン,ブタミホス,シマジン,クロロタロニル)を用いて,曝気および紫外線照射による農薬濃度の減退について行った. 20日間の暗黒下の静置によっても濃度の低下が認められた. フェニトロチオンは20%の低下を示した。シマジンは紫外線の20日間の照射で90%の濃度が残存した. ダイアジノンは10日間の曝気で濃度は半減した. しかし,シマジンとクロロタロニルは曝気による減衰は認められず20日経過後90%が残存した. シマジンは,化学的または物理的に分解しにくい農薬と考えられた.
登録日
2018.03.23
資源タイプ
報文
資料種別(NIIタイプ)
Departmental Bulletin Paper
フォーマット
PDFファイル
著者版フラグ
publisher
機関名
中部大学
外部リンク
360LinkはSerials Solutionsのリンクリゾルバーサービスです。 CiNiiは国立情報学研究所が行っている学術論文の検索サービスです。 CiNiiは国立情報学研究所が行っている大学図書館の検索サービスです。 NDL Search
レビュー
Navigation Guide


mark
ブックマーク(BM)機能
追加ボタンを押すとブックマークを追加します
add bookmark  
Navigation Guide
mark
マイフォルダ機能
書誌情報をマイフォルダへ登録できます。
登録ボタンを押すと現在表示している書誌をマイフォルダへ登録します。
add  
Navigation Guide
mark
ファイルに保存
現在、表示している情報をファイルに保存します。
ファイルのエンコードを選択し、保存ボタンを押してください。
エンコード :

download  
Navigation Guide

Copyright (C) 中部大学附属三浦記念図書館 2013 All Right Reserved.