logo
iLiswave
home language
markメニュー
mark 総合案内
mark コンテンツ一覧
  
mark バックナンバー
  
mark 関連情報
mark利用者サービス
     ブックマーク
     検索履歴
     レビュー履歴


JAIRO/学術機関リポジトリポータル
CiNii/NII論文情報ナビゲータ
中部大学附属三浦記念図書館
中部大学
mark書誌詳細 print back bookmark history help
mark 論文情報  <XC17100389> Detail Navigation Guide

sltfunc
 オスジロアゲハの Wing Color Pattern の研究 - 飼育・交配実験と理論モデルによる解析 -
  関村, 利朗; 阿江, 茂, 2003.03. -- (応用生物学部紀要 ; Vol. 2 (2003.3)). w.  <XC17100389>
この書誌へのURL: COPY URL
Write Review
mark
mark 詳細  
書誌
タイトル
オスジロアゲハの Wing Color Pattern の研究 - 飼育・交配実験と理論モデルによる解析 -
タイトル(その他)
オスジロ アゲハ ノ Wing Color Pattern ノ ケンキュウ シイク コウハイ ジッケン ト リロン モデル ニ ヨル カイセキ
タイトル(その他)
Wing Color Pattern of the Mimetic Butterfly Papilio dardanus - Crossing, Rearing, and Mathematical Analysis -
作成者
関村, 利朗||セキムラ, トシオ||Sekimura, Toshio
作成者
阿江, 茂||アエ, シゲル||Ae, Shigeru
公開者
中部大学応用生物学部
書誌構造リンク
ISSN
13472674
雑誌名
応用生物学部紀要
巻次等
2
開始終了ページ
7-17
発行日
2003.03
主題
擬態, 翅の色紋様, オスジロアゲハ, 種間雑種, 数理モデル
主題
interspecific hybrid, mathematical modeling, mimicry, Papilio dardanus, wing color pattern
内容記述
ヒューマン・フロンティア・サイエンス・プログラム(H.F.S.P)のプロジェクト「蝶の翅のカラー・パターン形成と発生遺伝学」(RG0323/1999-M)の一環として,関村は,2002年より中部大学においてアフリカ産のオスジロアゲハ(Papilio derdanus)の交配と飼育を始めた.その初年度の詳しい結果が第1, 2, 3表にまとめられている.オスジロアゲハは日本のミカン類(Citrus)の新葉に産卵はするが,あまり多くの卵を産まない.また,そこから無事に孵化した幼虫もその若葉を食べ始める前に死ぬことが多い.一方,食草としてメキシコオレンジ(Choisya ternate)の新葉を使ったところ,雌はたくさんの卵を産み,孵化した幼虫もその若葉をよく食べることがわかった.阿江は,1994年-1995年の間,南山大学においてオスジロアゲハを含むアフリカ産のアゲハチョウ属と日本産などのアゲハチョウ属との間で種間交配による遺伝学的研究を行った.我々は,二人のオスジロアゲハおよびそれに関係する蝶の飼育・交配実験の詳細な結果を,本論文の第1, 2, 3, 4表にまとめた.我々は本論文がオスジロアゲハに関する国際H.F.S.Pプロジェクト研究の推進と日本におけるオスジロアゲハ研究の進展の一助となることを願っている.
内容記述
In the project of Human Frontier Science Program (HFSP) on "Morphogenesis and Developmental Genetics of Butterfly Wing Patterns" (RG0323/1999-M), Sekimura started crossings and rearings of the African Mocker Swallowtail, Papilio dardanus at Chubu University in 2002. First years results were shown in Table 1,2 and 3. Although Papilio dardanus can rear on Citrus in Japan, females did not lay many eggs and many hatched larvae died without starting to eat Citrus leaves, even though leaves were very young. By using Choisya ternate as food plant, females laid many eggs and hatched larvae started to eat leaves easily. On the other hand, Ae studied biology of Papilio dardanus and other Papilios in Africa mainly by interspecific hybiridzations with Papilio butterflies of Japan and other areas at Nanzan University in 1994 and 1995. Although the data are not enough to publish them independently, some data may be useful to proceed the HFSP project and general study of Papilio dardanus. The details of the results of crossings and rearings in Japan are summerized in Table 1, 2, 3, and 4 of this paper.
登録日
2018.03.23
資源タイプ
報文
資料種別(NIIタイプ)
Departmental Bulletin Paper
フォーマット
PDFファイル
著者版フラグ
publisher
機関名
中部大学
外部リンク
360LinkはSerials Solutionsのリンクリゾルバーサービスです。 CiNiiは国立情報学研究所が行っている学術論文の検索サービスです。 CiNiiは国立情報学研究所が行っている大学図書館の検索サービスです。 NDL Search
レビュー
Navigation Guide


mark
ブックマーク(BM)機能
追加ボタンを押すとブックマークを追加します
add bookmark  
Navigation Guide
mark
マイフォルダ機能
書誌情報をマイフォルダへ登録できます。
登録ボタンを押すと現在表示している書誌をマイフォルダへ登録します。
add  
Navigation Guide
mark
ファイルに保存
現在、表示している情報をファイルに保存します。
ファイルのエンコードを選択し、保存ボタンを押してください。
エンコード :

download  
Navigation Guide

Copyright (C) 中部大学附属三浦記念図書館 2013 All Right Reserved.