logo
iLiswave
home language
markメニュー
mark 総合案内
mark コンテンツ一覧
  
mark バックナンバー
  
mark 関連情報
mark利用者サービス
     ブックマーク
     検索履歴
     レビュー履歴


JAIRO/学術機関リポジトリポータル
CiNii/NII論文情報ナビゲータ
中部大学附属三浦記念図書館
中部大学
mark書誌詳細 print back bookmark history help
mark 論文情報  <XC17100407> Detail Navigation Guide

sltfunc
 HPLC
  fluorescence detected circular dichroism detection by three-dimensional fluorescence detector / Yamamoto, Atsushi; Kodama, Shuji; Ito, Rie; Nakazawa, Hiroyuki; Kumagai, Hiroki, 2005.03. -- (応用生物学部紀要 ; Vol. 4 (2005.3)). w.  <XC17100407>
この書誌へのURL: COPY URL
Write Review
mark
mark 詳細  
書誌
タイトル
HPLC / fluorescence detected circular dichroism detection by three-dimensional fluorescence detector
作成者
Yamamoto, Atsushi
作成者
Kodama, Shuji
作成者
Ito, Rie
作成者
Nakazawa, Hiroyuki
作成者
Kumagai, Hiroki
公開者
中部大学応用生物学部
書誌構造リンク
ISSN
13472674
雑誌名
応用生物学部紀要
巻次等
4
開始終了ページ
1-7
発行日
2005.03
主題
Fluorescence-detected circular dichroism, High-performance liquid chromatography, Threedimensional fluorescence detector
内容記述
An HP LC detection method based on fluorescence- detected circular dichroism (FDCD) is described. The proposed detector consists of a polarizing prism and a retardation plate fitted on the excitation light side of a conventional threedimensional fluorescence detector and uses a modulated beam in the wavelength axial direction. The FDCD wave is superimposed on the excitation spectrum measured at a fixed emission wavelength. When estrone with a large anisotropy factor, Δε/ ε, was used as a probe analyte, the difference between the two excitation spectra obtained by reversing the direction of the optical axis of the retardation plate showed a wave-like curve whose phase is consistent with that of the plate. W e suggest that FDCD can be measured by using the optical system of threedimensional fluorescence detector, which obtains a spectrum by the grating with high rotational speed. However, in the detection of an enantiomer with a low anisotropy factor, such as catechin, the amplitude of the artifact wave was comparable with that of the FDCD wave and obstructed the FDCD measurement. This wave was thought to be induced by a lack of uniformity of the rotation of the grating. As both the artifact and FDCD waves varied sinusoidally with wavelength, the FDCD wave with a short period was successfully extracted by using the differential properties of a trigonometric function.
登録日
2018.03.23
資源タイプ
報文
資料種別(NIIタイプ)
Departmental Bulletin Paper
フォーマット
PDFファイル
著者版フラグ
publisher
機関名
中部大学
外部リンク
360LinkはSerials Solutionsのリンクリゾルバーサービスです。 CiNiiは国立情報学研究所が行っている学術論文の検索サービスです。 CiNiiは国立情報学研究所が行っている大学図書館の検索サービスです。 NDL Search
レビュー
Navigation Guide


mark
ブックマーク(BM)機能
追加ボタンを押すとブックマークを追加します
add bookmark  
Navigation Guide
mark
マイフォルダ機能
書誌情報をマイフォルダへ登録できます。
登録ボタンを押すと現在表示している書誌をマイフォルダへ登録します。
add  
Navigation Guide
mark
ファイルに保存
現在、表示している情報をファイルに保存します。
ファイルのエンコードを選択し、保存ボタンを押してください。
エンコード :

download  
Navigation Guide

Copyright (C) 中部大学附属三浦記念図書館 2013 All Right Reserved.