logo
iLiswave
home language
markメニュー
mark 総合案内
mark コンテンツ一覧
  
mark バックナンバー
  
mark 関連情報
mark利用者サービス
     ブックマーク
     検索履歴
     レビュー履歴


JAIRO/学術機関リポジトリポータル
CiNii/NII論文情報ナビゲータ
中部大学附属三浦記念図書館
中部大学
mark書誌詳細 print back bookmark history help
mark 論文情報  <XC18000062> Detail Navigation Guide

sltfunc
 食用ウチワサボテンの生産と産業利用
  堀部, 貴紀, 2018.03. -- (生物機能開発研究所紀要 ; No.18 (2018.3)). w.  <XC18000062>
この書誌へのURL: COPY URL
Write Review
mark
mark 詳細  
書誌
タイトル
食用ウチワサボテンの生産と産業利用
タイトル(その他)
ショクヨウ ウチワ サボテン ノ セイサン ト サンギョウ リヨウ
タイトル(その他)
Industrial Use of Edible Opuntia.
作成者
堀部, 貴紀||ホリベ, タカノリ||Horibe, Takanori
公開者
中部大学生物機能開発研究所
書誌構造リンク
ISSN
13464205
雑誌名
生物機能開発研究所紀要
巻次等
18
開始終了ページ
30-36
発行日
2018.03
主題
Edible Cacti, Opuntia, hydroponics culture, invention, LED, light environment, plant factory, spines
内容記述
サボテンは紀元前からラテンアメリカ地域で様々な用途に利用されてきた.現在でもウチワサボテンの果実や茎は野菜や家畜飼料,加工品として世界の広い地域で消費され,化粧品や医薬品の原料にも使われている.さらに近年では食用サボテンの著しい環境ストレス耐性(耐高温・耐乾燥)が注目され,乾燥地での作物生産や砂漠化・土壌侵食の防止にも活用されている.砂漠化や人口増加に対する対策が喫緊の課題である現在において,環境ストレス耐性と高い生産性を併せ持つ食用サボテンは,健康的な食品や家畜飼料として,また特殊機能のメカニズムを解明するモデル植物としても期待される農業シーズである.このように食用ウチワサボテンは機能性野菜や加工品原料として高いポテンシャルを有するが,我が国ではその活用法はほとんど認知されていない.本稿では世界の食用サボテン産業に関する基本的な事柄について解説する.
登録日
2018.07.28
資源タイプ
解説
資料種別(NIIタイプ)
Departmental Bulletin Paper
フォーマット
PDFファイル
著者版フラグ
publisher
機関名
中部大学
外部リンク
360LinkはSerials Solutionsのリンクリゾルバーサービスです。 CiNiiは国立情報学研究所が行っている学術論文の検索サービスです。 CiNiiは国立情報学研究所が行っている大学図書館の検索サービスです。 NDL Search
レビュー
Navigation Guide


mark
ブックマーク(BM)機能
追加ボタンを押すとブックマークを追加します
add bookmark  
Navigation Guide
mark
マイフォルダ機能
書誌情報をマイフォルダへ登録できます。
登録ボタンを押すと現在表示している書誌をマイフォルダへ登録します。
add  
Navigation Guide
mark
ファイルに保存
現在、表示している情報をファイルに保存します。
ファイルのエンコードを選択し、保存ボタンを押してください。
エンコード :

download  
Navigation Guide

Copyright (C) 中部大学附属三浦記念図書館 2013 All Right Reserved.