logo
iLiswave
home language
markメニュー
mark 総合案内
mark コンテンツ一覧
  
mark バックナンバー
  
mark 関連情報
mark利用者サービス
     ブックマーク
     検索履歴
     レビュー履歴


JAIRO/学術機関リポジトリポータル
CiNii/NII論文情報ナビゲータ
中部大学附属三浦記念図書館
中部大学
mark書誌詳細 print back bookmark history help
mark 論文情報  <XC18000067> Detail Navigation Guide

sltfunc
 愛知県春日井市築水の森におけるカメラトラップ法を用いた哺乳類調査
  南, 基泰; 水越, 翔大; 上野, 薫; 藤井, 太一, 2018.03. -- (生物機能開発研究所紀要 ; No.18 (2018.3)). w.  <XC18000067>
この書誌へのURL: COPY URL
Write Review
mark
mark 詳細  
書誌
タイトル
愛知県春日井市築水の森におけるカメラトラップ法を用いた哺乳類調査
タイトル(その他)
アイチケン カスガイシ チクスイ ノ モリ ニ オケル カメラトラップホウ オ モチイタ ホニュウルイ チョウサ
タイトル(その他)
Survey of Mammal Fauna using Camera Trapping method at the Chikusui forest, Kasugai, Aichi Prefecture, Japan
作成者
南, 基泰||ミナミ, モトヤス||Minami, Motoyasu
作成者
水越, 翔大||ミズコシ, ショウタ||Mizukoshi, Shota
作成者
上野, 薫||ウエノ, カオル||Ueno, Kaoru
作成者
藤井, 太一||フジイ, タイチ||Fujii, Taichi
公開者
中部大学生物機能開発研究所
書誌構造リンク
ISSN
13464205
雑誌名
生物機能開発研究所紀要
巻次等
18
開始終了ページ
83-93
発行日
2018.03
内容記述
愛知県春日井市築水の森に生息する哺乳類相を明らかにするため,2017年7~11月の期間,5台の自動撮影カメラを用いて調査した.本調査でのカメラ稼働日数は5台のカメラの合計で695日となり,全撮影枚数2,019枚のうち有効撮影枚数は1,980 枚となった.本調査で撮影された哺乳類は中・大型哺乳類7 種で,撮影頻度が最も高くなったのはイノシシ Sus scrofa (57.3 枚/100日,以降同様) で,次いでイエネコ Felis catus (1.9),ハクビシン Paguma larvata (1.2),キツネ Vulpes vulpes (1.0),タヌキ Nyctereutes procyonoides (0.7),ニホンノウサギ Lepus brachyurus (0.1),イタチ属 Mustela sp.(0.1) の順となった.希薄化曲線を作成した結果,すべての哺乳類を撮影するためには約250 日間のカメラ稼働日数が必要であることが明らかとなったため,本調査地に生息するすべての哺乳類を撮影できていなかったと考えられた.しかし,本調査では在来の中・大型地上性哺乳類種4種(イノシシ,キツネ,タヌキ及びニホンノウサギ)の生息が確認できたことから,築水の森は愛知県東部丘陵地の在来種生息地として貢献していることを明らかにすることはできた.その一方で,最も撮影頻度が高かったイノシシと築水の森の利用者の行動時間については早朝4〜6時,夕方16〜19 時に重複していたため,この時間帯に行動する際にはイノシシとの遭遇に注意が必要であると考えられた.
内容記述
Survey of Mammal Fauna using Camera Trapping method in the Chikusui forest, Kasugai, Aichi Prefecture, Japan was conducted from July to November, 2017. For confirmation of mammal habitation, we set up a total of five automatic digital cameras in this forest. In 695 camera days, we obtained the 1,980 effective photographs. At the result, seven species have been photo-captured. The most frequently photographed was Sus scrofa (Relative abundance index: 57.3 photographs / 100 camera-days) and followed by Felis catus (1.9), Paguma larvata (1.2), Vulpes vulpes (1.0), Nyctereutes procyonoides (0.7), Lepus brachyurus (0.1) and Mustela sp. (0.1) have been photo-captured. To predict the number of mammal species inhabited in this forest from the number of photo-captured mammal species in this survey, a camera days-based rarefaction curve was calculated for each camera. From these results, it was predicted that about 250 days of camera days would be needed to photo-capture all mammal species in this forest. However, since this forest function as habitats for local wildlife which are representative four medium and large sized mammal species (S. scrofa, V. vulpes, N. procyonoides and L. brachyurus) in eastern foothills area of Aichi Prefecture, this forest is considered to contribute positively towards regional biodiversity conservation. As for S. scrofa and forest user activity time, it overlapped at in the morning (AM 4:00-6:00) and in the evening (PM 4:00-7:00). So, it was thought that caution is need for encounters with S. scrofa when forest user acts during this period.
登録日
2018.07.28
資源タイプ
調査報告
資料種別(NIIタイプ)
Departmental Bulletin Paper
フォーマット
PDFファイル
著者版フラグ
publisher
機関名
中部大学
外部リンク
360LinkはSerials Solutionsのリンクリゾルバーサービスです。 CiNiiは国立情報学研究所が行っている学術論文の検索サービスです。 CiNiiは国立情報学研究所が行っている大学図書館の検索サービスです。 NDL Search
レビュー
Navigation Guide


mark
ブックマーク(BM)機能
追加ボタンを押すとブックマークを追加します
add bookmark  
Navigation Guide
mark
マイフォルダ機能
書誌情報をマイフォルダへ登録できます。
登録ボタンを押すと現在表示している書誌をマイフォルダへ登録します。
add  
Navigation Guide
mark
ファイルに保存
現在、表示している情報をファイルに保存します。
ファイルのエンコードを選択し、保存ボタンを押してください。
エンコード :

download  
Navigation Guide

Copyright (C) 中部大学附属三浦記念図書館 2013 All Right Reserved.